野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷の快投劇をソーシア監督絶賛「非常に驚異的」「エレクトリック」

大谷の快投劇をソーシア監督絶賛「非常に驚異的」「エレクトリック」

エンゼルス大谷翔平選手が13日(日本時間14日)、本拠地ツインズ戦で奪三振ショーを披露した。6回1/3を投げて3安打11奪三振2四球で1失点(自責1)。4勝目にこそ届かなかったが、敵打線を翻弄するピッチングにソーシア監督は「ただ素晴らしいだけじゃない。非常に驚異的なスタートだった」と最高級の賛辞を送った。

7回途中1失点と好投したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
7回途中1失点と好投したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

接戦での好投に「ショウヘイを象徴している」

 エンゼルス大谷翔平選手が13日(日本時間14日)、本拠地ツインズ戦で奪三振ショーを披露した。6回1/3を投げて3安打11奪三振2四球で1失点(自責1)。4勝目にこそ届かなかったが、敵打線を翻弄するピッチングにソーシア監督は「ただ素晴らしいだけじゃない。非常に驚異的なスタートだった」と最高級の賛辞を送った。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 大谷は初回からツインズ打線を寄せ付けず。最速99マイル(約159キロ)の速球とスプリット、スライダー、カーブを駆使しながら、面白いようにアウトの山を重ねた。1点リードの6回に走者を三塁まで進めたが無失点に抑えると、7回1死からモリソンに四球を与えたところで降板。渡米後最多の103球を投げた。

 ソーシア監督は大谷の投球を振り返り、「ただ素晴らしいだけじゃない。非常に驚異的なスタートだった。彼の球はエレクトリックだった」と絶賛。「拮抗した試合で見せる投球こそが、ショウヘイを象徴している。しっかり制球し、持ち球をすべて使った」と、ツインズ先発ロメロとの投手戦を評価した。

 降板を告げるためにマウンドを訪れた際には、本拠地ファンからブーイングを浴びた指揮官。結局、2番手ベドロジアンが同点打を許すことになったが、「まだ余力はあったかもしれないけど、今日はあそこまで。球数を増やそうとは思うが、今はまだその時ではない」と降板のタイミングを説明した。

 チームは9回に劇的なサヨナラ勝ち。大谷の1歩も屈しない力投がチームに勝利を呼び込んだ。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」