野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、見透かす“洞察力”に敵地メディア白旗 「手を焼かせる対戦相手」

大谷翔平、見透かす“洞察力”に敵地メディア白旗 「手を焼かせる対戦相手」

エンゼルス大谷翔平選手が13日(日本時間14日)、本拠地でのツインズ戦に先発し、6回1/3を3安打11奪三振2四球1失点(自責1)の快投を演じた。自身4勝目こそ届かなかったが、チームはサヨナラ勝ち。今季2度目の2桁奪三振を記録するなど躍動し続ける二刀流に、敵地メディアは「マウンド上で手を焼かせる対戦相手」と脱帽。マウンド上での“洞察力”に驚愕している。

7回途中11奪三振1失点の快投を見せたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
7回途中11奪三振1失点の快投を見せたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

14日のツインズ戦に先発し7回途中3安打11奪三振1失点の快投

 エンゼルス大谷翔平選手が13日(日本時間14日)、本拠地でのツインズ戦に先発し、6回1/3を3安打11奪三振2四球1失点(自責1)の快投を演じた。自身4勝目こそ届かなかったが、チームはサヨナラ勝ち。今季2度目の2桁奪三振を記録するなど躍動し続ける二刀流に、敵地メディアは「マウンド上で手を焼かせる対戦相手」と脱帽。マウンド上での“洞察力”に驚愕している。

【PR】大谷翔平、衝撃のMLB1年目を振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 7回1死の場面でモリソンに四球を与えて降板する際には、球場全体から盛大なスタンディングオベーションが巻き起こるほどの投球を見せた大谷。11三振を喫した敵地の地元紙「スタートリビューン」は、記事の中で「ツインズにとって『マウンド上で手を焼かせる対戦相手』だということを証明した」と23歳右腕の快投を称賛している。

 また、大谷が見せた“洞察力”も高く評価した。初回、先頭ドージャーに94.6マイル(約152キロ)直球を弾き返され、三塁強襲の内野安打を許したが、3回に訪れた2度目の対戦では一転。スライダー、スプリットと全て変化球で3球三振に打ち取った場面に言及した。

 さらに、3回にウィルソンから奪った三振は98マイル(158キロ)直球だったが、5回2死一塁の場面で再び対戦した際には直球待ちのウィルソンに対して3球連続スライダーで再び空振り三振に仕留めた。ここでは「立て続けに投げたスライダーにウィルソンが思わず膝をつく瞬間をオオタニは見逃さなかった」と、相手打者の雰囲気を察知し、確実に空振りを奪った大谷の“投手脳”にも賛辞を送っている。

 マウンドに上がるたびに類まれな才能を発揮し続ける二刀流ルーキー。160キロの直球に宝刀スプリット、そして相手を見透かす“洞察力”……。投手・大谷はまた一歩、一流投手への階段を上ったようだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」