野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • ペナントの行く末を左右する? いまだ波に乗れ切れない実力派打者たち

ペナントの行く末を左右する? いまだ波に乗れ切れない実力派打者たち

開幕して約1か月半が経過したプロ野球。パ・リーグでは開幕ダッシュに成功した西武が貯金13を作り出し、2位に4.5ゲーム差をつけて首位を走る。2年連続の日本一を狙うソフトバンクは貯金4。本来の強さは鳴りを潜め、苦しい戦いを強いられている感もある。昨季、優勝を争った楽天は借金12の最下位。なかなか浮上のキッカケをつかめない状況が続いている。

ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ【写真:荒川祐史】
ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ【写真:荒川祐史】

パ・リーグ覇者のソフトバンクは主軸の内川&デスパイネ&松田が低迷

 開幕して約1か月半が経過したプロ野球。パ・リーグでは開幕ダッシュに成功した西武が貯金13を作り出し、2位に4.5ゲーム差をつけて首位を走る。2年連続の日本一を狙うソフトバンクは貯金4。本来の強さは鳴りを潜め、苦しい戦いを強いられている感もある。昨季、優勝を争った楽天は借金12の最下位。なかなか浮上のキッカケをつかめない状況が続いている。

【PR】「DAZN」ならプロ野球が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 セ・リーグは2年連続リーグ優勝中の広島が、今季も首位に立つ。22勝12敗の貯金10で、2位に3.5ゲーム差をつけている。V奪還を狙う巨人は19勝16敗1分の貯金3で広島の後を追う。阪神、DeNAは借金1、中日が同5、ヤクルトは同6となっており、セ・リーグはパ・リーグほど差が広がっておらず、ペナントレースの行方は混沌としている。

 パ・リーグではソフトバンクの柳田悠岐外野手や西武の秋山翔吾外野手、山川穂高内野手が、セ・リーグでは巨人の坂本勇人内野手や岡本和真内野手、中日のソイロ・アルモンテ外野手、ヤクルトの坂口智隆外野手、ウラディミール・バレンティン外野手らが、際立つ打撃成績を残し、チームを引っ張っている。

 その一方で、いまいち波に乗り切れない実力者たちもいる。2年連続の日本一を狙うソフトバンクは、球界を代表する打者たちが多く苦しんでいる。

○ソフトバンク
デスパイネ 34試合121打数22安打7本塁打17打点 打率.182
松田宣浩 34試合120打数24安打8本塁打21打点 打率.200
今宮健太 34試合123打数26安打1本塁打5打点 打率.211
内川聖一 34試合135打数31安打3本塁打13打点 打率.230

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬