野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュ、初勝利ならず 「脚の痙攣感じ」61球降板、米メディア伝える

カブスのダルビッシュ有投手は15日(日本時間16日)、敵地でのブレーブス戦に先発し、4回3安打1失点5奪三振2四球で勝敗はつかなかった。体調不良で故障者リスト(DL)入りし、8日(同9日)のマーリンズ戦の登板を回避していた右腕にとっては復帰登板となったが、わずか61球で降板。米メディアは、足の痙攣でマウンドを降りたと伝えている。

ブレーブス戦に先発したカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
ブレーブス戦に先発したカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

4回わずか61球で降板、本人は「続投を希望した」と米メディア

 カブスのダルビッシュ有投手は15日(日本時間16日)、敵地でのブレーブス戦に先発し、4回3安打1失点5奪三振2四球で勝敗はつかなかった。体調不良で故障者リスト(DL)入りし、8日(同9日)のマーリンズ戦の登板を回避していた右腕にとっては復帰登板となったが、わずか61球で降板。米メディアは、足の痙攣を感じてマウンドを降りたと伝えている。ダルビッシュは今季7試合目の登板でも初勝利をつかめなかった。

【PR】ダルビッシュを観るなら「DAZN」! 今なら無料視聴可能、MLB&NPB公式戦など野球コンテンツが充実

 ダルビッシュは初回、2死から3番フリーマンに四球を与えるも無失点。2回も2死からインシアーテにバント安打を許したが、バティスタは空振り三振に仕留めた。3回も2死からアルビーズに右前打を浴び、アクーニャには四球を与えたが、フリーマンは三邪飛に仕留めた。

 味方打線は4回に相手エラーで1点を先制。その裏、ダルビッシュは簡単に2死を奪ったが、続くインシアーテには高めへの91マイル(約146キロ)の直球をライトスタンドに運ばれ、同点とされた。そして、この回限りで降板。4回を投げて3安打1失点5奪三振2四球で防御率は5.56に。わずか61球でストライクは36球だった。

 試合後、ESPNのジェシー・ロジャース記者はツイッターで「ダルビッシュは4回終了後、脚のどこかの痙攣で降板した」とレポート。さらに、地元紙「シカゴ・トリビューン」でカブス番を務めるマーク・ゴンザレス記者は「ダルビッシュは4回に脚の痙攣を感じ、続投を希望したが、マドン監督が降板を決めた」と伝えている。

 カブスは8回に1点を失うも、9回に2点を奪って3-2で勝利した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬