野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ不動の3番・中村が決勝打 角中の助言で結果「どう力を抜けるか」

ロッテ不動の3番打者、中村がチームに今季ソフトバンク戦初勝利をもたらした。18日ZOZOマリンのソフトバンク5回戦、2-2の5回に東浜の137キロの内角球を三塁線に引っ張って、右前打のルーキー藤岡裕を返す決勝の二塁打を放った。

ロッテ・中村奨吾【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ロッテ・中村奨吾【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

ソフトバンク戦初勝利をもたらす一打「打ち続けなきゃいけない立場」

 ロッテ不動の3番打者、中村がチームに今季ソフトバンク戦初勝利をもたらした。18日ZOZOマリンのソフトバンク5回戦、2-2の5回に東浜の137キロの内角球を三塁線に引っ張って、右前打のルーキー藤岡裕を還す決勝の二塁打を放った。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 18試合続いていた連続試合安打が15日の富山でのオリックス戦で止まった。17日のオリックス戦でも4打数無安打に終わり「どこか気になって、力が入るところがあった」と、2-2の2回2死満塁の絶好機では東浜の147キロの真ん中ストレートに空振り三振を喫した。

 しかし、ケガから復帰し、4番に座る角中からもベンチでアドバイスをもらい「自分の中で、どう力を抜けるか」と自然体で打席に入った結果が、決勝適時打につながった。

 角中の復帰で、井上は5番に下がり、17日のオリックス戦で鈴木大地はで9番。荻野貴は今季初めてスタメン1番を外れた。開幕から打順が変わらずフル出場しているのは中村だけだ。ロッテ打線の鍵を握る存在になっている。

 7回にも中前打を放ち、3割を切りそうだった打率も.310として、3番に固定する指揮官の思いに応えた。「打ち続けなきゃいけない立場。一打席、一打席です」と気持ちを新たにした。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」