野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本ハム、岡が走者一掃の中越え二塁打! 栗山采配的中「岡ちゃんらしい打球」

2試合連続完封負けを喫していた日本ハムは20日、本拠地での楽天戦に7-1で快勝して連敗を2で止めた。

日本ハム・栗山監督【写真:石川加奈子】
日本ハム・栗山監督【写真:石川加奈子】

2試合連続完封負けから一転、7得点を奪い打線が爆発

 2試合連続完封負けを喫していた日本ハムは20日、本拠地での楽天戦に7-1で快勝して連敗を2で止めた。

【PR】「DAZN」なら日本ハム戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 打線組み替えが奏功した。初回1死から大田、近藤の連続安打で好機を広げると、5番のレアードがチーム20イニングぶりの得点をもたらす先制打。6番の鶴岡が四球でつなぎ、4月11日ソフトバンク戦以来の先発出場となった7番の岡が満塁で走者一掃の中越え二塁打を放ちこの回一挙4点を奪い、主導権を握った。

 湿りがちだった打線の奮起に栗山監督は「みんなの勝ちたいという気持ちがよく出ていたし、いい形だったと思います」と初回の攻撃に目を細めた。

 岡の先発起用は、調子の良さを買ってのものだった。「東京ドーム(15、16日の西武戦)から行きたかったですけど、いろんな選手が頑張っていたので。状態が上がっているのはバッティング練習から見えていた」と指揮官は説明。

 15試合連続先発起用していたルーキーの清宮を休ませ、岡を抜擢。栗山采配が的中した。「久しぶりに岡ちゃんらしい打球だったし、先に点を取ってあげれば、ピッチャーが楽になるので」と価値ある一振りを評価した。

 先発の加藤は6回4安打1失点で3勝目を挙げた。22日からは4週連続で6連戦が続く。この4週を重要と位置づける栗山監督は「本当に大事なところなので、しっかりやっていきます」と表情を引き締めた。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」