野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷が投打一方に専念したら… 米データサイト予想「41本塁打」「17勝」

大谷が投打一方に専念したら… 米データサイト予想「41本塁打」「17勝」

シーズン前、MLBに挑戦する大谷翔平がどんな成績を残すか、日米でさまざまな議論が巻き起こった。メディアだけでなく、一般の野球ファンも「成功」「失敗」とさまざまな予想をした。しかし、現在の成績は多くの人の予想を上回っているのではないか。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

米データサイトの予想は投打揃ってMVP級の成績

 シーズン前、MLBに挑戦する大谷翔平がどんな成績を残すか、日米でさまざまな議論が巻き起こった。メディアだけでなく、一般の野球ファンも「成功」「失敗」とさまざまな予想をした。しかし、現在の成績は多くの人の予想を上回っているのではないか。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

○大谷の今季成績(現地5月19日現在)
打者(24試合)84打数27安打6本塁打17打点、打率.321
投手(6試合)3勝1敗32.2回13四球43奪三振13失点(自責13)、防御率3.58

 アメリカの代表的な記録サイト「ベースボール・リファレンス」には、各選手のデータを紹介するページに「162 Game Avg.」という項目がある。これは各選手の通算成績を、MLBで1シーズンに戦う162試合平均に換算したものだ。先発投手の場合、162試合で5人ローテを維持する計算で34試合に先発すると見なされる。打率や防御率などは通常どおりの計算方法だ。

 現地5月19日時点での大谷の「162Game Avg.」は、以下のようになっている。

○打撃成績
162試合567打数182安打41本塁打115打点41四球142三振、打率.321

 2017年のア・リーグ打撃成績に当てはめると、182安打はスクープ(オリオールズ)と並ぶ6位タイ。41本塁打は、52本の本塁打王ジャッジ(ヤンキース)、43本のデービス(オリオールズ)に次ぎ、ギャロ(レンジャーズ)とともに3位タイにつける。

 さらに、115打点はクルーズ(マリナーズ)の119打点に次ぐ2位、打率.321はアルトゥーベ(アストロズ)の.346、ガルシア(ホワイトソックス)の.330に次ぐ3位に相当する。

 これはMVP候補になってもおかしくない素晴らしい成績だ。

○投手成績
34試合17勝6敗、185回244奪三振74四球、防御率3.39

 これも2017年のア・リーグ投手成績に当てはめると、17勝はカラスコ(インディアンス)、クルーバー(インディアンス)、バルガス(ロイヤルズ)の18勝に次ぐ4位タイ。244奪三振は308奪三振のセール(レンジャーズ)、265奪三振のクルーバー、249奪三振のアーチャー(レイズ)に次いで4位、防御率3.39は9位に相当する。

 サイ・ヤング賞候補とまではいかなくとも、立派にエースとして誇れる成績だ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」