野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷、メジャー最長8回途中110球の熱投 4勝目の権利を持って降板

大谷、メジャー最長8回途中110球の熱投 4勝目の権利を持って降板

エンゼルス大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地レイズ戦で今季7度目の先発に臨み、メジャー移籍後最長となる8回途中を1被弾を含む6安打1四球9奪三振2失点(自責2)の快投。110球(68ストライク)を投げ、3点目の走者を残して降板したが、4-2と2点リードを保ったまま4勝目の権利を手に入れた。

8回途中2失点と好投したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
8回途中2失点と好投したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

デビュー7戦のうち6戦で6K以上はア・リーグ史上3人目

 エンゼルス大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地レイズ戦で今季7度目の先発に臨み、メジャー移籍後最長となる8回途中を1被弾を含む6安打1四球9奪三振2失点(自責2)の快投。110球(68ストライク)を投げ、3点目の走者を残して降板したが、4-2と2点リードを保ったまま4勝目の権利を手に入れた。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 大谷は立ち上がり制球に苦しむ場面もあったが、3回に先頭フィールドに中堅へ先制ソロを被弾した後は、圧巻の12者連続凡退とした。7回には2本の安打を許して1死一、二塁とするも無失点で切り抜けた。

 打線は4回に相手のミスを突いて無安打ながら2点を挙げて逆転。5回にはコザートの右犠飛、7回にもコザートの中犠飛でそれぞれ1点を追加し、4-1とリードを広げた。

 7回まで99球を投げていた大谷だが、8回も続投。先頭フィールドに2ストライクから3球目98.1マイル(約158キロ)速球を右翼線深くへ二塁打とされた。続くスパンの2球目が暴投となり、無死三塁。スパンを3球目97.9マイル(約158キロ)速球で遊ゴロに打ち取る間に1点を返された。その後はクロンを3球連続スライダーで空振り三振に仕留めると、ウェンドルに1ボールから2球目97.3マイル(約157キロ)速球を右前打とされたところでソーシア監督が登場。110球(68ストライク)を投げて降板した。

 またデビューから7試合のうち6試合で6奪三振以上を記録したのは、ハーブ・スコア(1955年)、田中将大(2014年)に続き、1908年以来ア・リーグ史上3人目の快挙となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」