野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷、あまりの謙虚さに地元メディア愕然 「183メートル打たなければ…」

大谷、あまりの謙虚さに地元メディア愕然 「183メートル打たなければ…」

投打にわたる活躍で数々の伝説を生み出している大谷翔平投手。打者としては今季6本塁打を記録し、18日(日本時間19日)本拠地レイズ戦前のフリー打撃では513フィート(約156メートル)の衝撃弾を放つ圧巻のパワーを披露。7月のオールスター戦のホームランダービー出場の待望論が米国で沸騰している。

投打で圧巻の活躍を続けるエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
投打で圧巻の活躍を続けるエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

米球宴本塁打ダービー待望論も「まだそのレベルじゃない」

 投打にわたる活躍で数々の伝説を生み出している大谷翔平投手。打者としては今季6本塁打を記録し、18日(日本時間19日)本拠地レイズ戦前のフリー打撃では513フィート(約156メートル)の衝撃弾を放つ圧巻のパワーを披露。7月のオールスター戦のホームランダービー出場の待望論が米国で沸騰している。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 だが、球宴の花である本塁打競争出場に「まだそのレベルじゃない」と語る大谷のあまりの謙虚さに、地元記者は「600フィート(約183メートル)打たなければ納得しないのか」と愕然としている。

 大谷は20日(同21日)の本拠地レイズ戦でメジャー移籍後最長となる7回2/3を投げ、6安打9奪三振2失点で今季4勝目を飾った。チームの6連敗危機を食い止めた二刀流スターに、試合後、地元メディアから7月にワシントンDCで行われる球宴でのホームラン競争参加について質問が寄せられた。

「その機会があればもちろん光栄なことだと思いますし、出てみたいなという気持ちはありますけど、まだまだ実力的には足りないと思うので、毎日毎日そこに出られるようにするわけではないですけど、ゲームで結果を出せるように頑張りたいなと思います」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」