野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ角中、技ありの今季初弾! 打率3割に乗せるも「全く意識しない」

ロッテの4番、角中勝也外野手が今季初本塁打を放ち、チームの4連勝に大きく貢献した。22日、ZOZOマリンで日本ハムを2ー0で破った試合で、日本ハム先発のマルティネスから2回に放った1号アーチが決勝打になった。

ロッテ・角中勝也【写真:荒川祐史】
ロッテ・角中勝也【写真:荒川祐史】

「つなぎの4番」が日ハム・マルティネスを攻略、打率も3割に乗せた

 ロッテの4番、角中勝也外野手が今季初本塁打を放ち、チームの4連勝に大きく貢献した。22日、ZOZOマリンで日本ハムを2ー0で破った試合で、日本ハム先発のマルティネスから2回に放った1号アーチが決勝打になった。

【PR】セ・パ交流戦を観るなら「DAZN」 ”初月無料キャンペーン”実施中、登録はこちらから

 2回先頭でカウント2-1からの4球目、内角の144キロを右翼席に運んだ。「カットを待っていた分、少し差し込まれたが、うまくクルッと身体を回して打つことができた」と角中。本人に言わせれば、第2打席の4回1死一塁で133キロのチェンジアップを右前打したほうが「イメージ通り。狙ったところと2メートルぐらい違っただけ」と話した。並外れたバットコントロールはさすがだ。

 5月に入って3連敗の先発・石川がストレートを軸に8回118球3安打無失点の好投。「つなぎの4番」と自称する角中が、石川の熱投に応えた。メジャー通算17勝右腕のマルティネスに、4月6日の初対戦ではわずか4安打。この日も結局5安打だったが、首位打者2度の角中が、均衡を破る突破口となった。

 井口監督も「なかなかマルティネスを打ち崩せなかったが、そういう時のホームランは大きい。随所にいい打撃を見せてくれている」と胸椎圧迫骨折から復帰した主砲の存在が頼もしそう。19日のソフトバンク戦から、3試合連続で打点をマーク。打率も.303と3割の大台に乗せたが、「全く意識しない」と角中。石川と一緒に立ったお立ち台では「5連勝します」と宣言した。選手会長の頭には、チームを勝率5割へ戻すことしかない。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬