野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

井口野球の申し子だ! ロッテ・中村奨吾、3割&盗塁リーグ3位の急成長

昨季まで通算19盗塁だったロッテの中村奨吾は、今季ここまでリーグ3位の13盗塁をマーク。打っても4月20日の西武戦から5月13日の西武戦にかけて18試合連続安打を記録するなど、打率.322の成績を残している。

ロッテ・中村奨吾【写真:荒川祐史】
ロッテ・中村奨吾【写真:荒川祐史】

全試合3番、無安打でも足で貢献「出塁してプレッシャーかけたい」

 昨季まで通算19盗塁だったロッテの中村奨吾は、今季ここまでリーグ3位の13盗塁をマーク。打っても4月20日の西武戦から5月13日の西武戦にかけて18試合連続安打を記録するなど、打率.322の成績を残している。

【PR】「DAZN」ならロッテ戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 井口資仁監督が掲げる機動力野球の申し子的存在となっている中村は「最近はあまり走っていないですが、『4月のうちはなんとか盗塁をしたい』、『足でもプレッシャーをかけて出塁していきたい』と思ってやってきました」と振り返る。

 無安打に終わっても、4月10日の西武戦では四球と失策で出塁し2盗塁。4月17日と18日のオリックス戦も1盗塁ずつ決めるなど、足でチームに貢献。「出塁するためには、ボールを見なきゃいけないので」とボール球を見極め、しっかりと四球を選ぶ場面が増えた。

 盗塁を積極的に試みるようになり、相手投手の配球や傾向を読んで打つことが増えたのかと思いきや、「そこまではないですね」と意識はしていないようだ。それでも「走っていく中で、走れるランナーが出ていたりした場面だと、ストレート系も多くなります。そういうのも狙っていければいいかなと思います」と意欲を見せた。

 ただ5月に入り盗塁は2つと減少している。中村は「(4月に比べて)走れてはいないんですが、4月は走っていたということで、バッテリーも警戒してくれているのかなと思います」と分析。「これからも出塁してプレッシャーをかけていきたい」と意気込んだ。

 開幕から全試合3番に座る中村。打って、走って、打線を引っ張っていく。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」