野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ元高校No1遊撃手が新たな挑戦で1軍定着へ 「守れれば強みになる」

2015年ドラフト1位でロッテに入団した平沢大河内野手も今年で3年目を迎えた。今季はドラフト2位で入団したルーキーの藤岡裕大が遊撃のレギュラーとして出場していることもあり、平沢は本職の遊撃だけでなく、チーム方針により一塁や外野の守備もこなしている。

ロッテ・平沢大河【写真:荒川祐史】
ロッテ・平沢大河【写真:荒川祐史】

2015年のドラフト1位・平沢大河内野手は外野の守備にも挑戦

 2015年ドラフト1位でロッテに入団した平沢大河内野手も今年で3年目を迎えた。今季はドラフト2位で入団したルーキーの藤岡裕大が遊撃のレギュラーとして出場していることもあり、平沢は本職の遊撃だけでなく、チーム方針により一塁や外野の守備もこなしている。

【PR】セ・パ交流戦を観るなら「DAZN」 ”初月無料キャンペーン”実施中、登録はこちらから

 本拠地ZOZOマリンスタジアムの守備練習でも遊撃の他、清田育宏外野手のグローブを借りて右翼のポジションに入りノックを受けている。外野の守備について平沢は「打球の間隔などが難しく、今はしっかりと練習しているところです」と話し、「どこでも守れれば強みになると思います。しっかり準備していきます!」と力強く語った。

「相手もあることなので、良い時もあれば悪いときもあると思います、準備して少ないチャンスで頑張ることを心がけていますね」

 打撃面では、4月3日のオリックス戦、4月20日の埼玉西武戦、代打で適時打を放ち、スタメンで出場した4月21日の埼玉西武戦で3打点、5月4日の北海道日本ハム戦でマルチ安打を記録するなど、少ないチャンスで結果を残している。

 それでも、「良い打席もあったり、悪い打席もあったりするので、波が激しいかなと思います」と厳しい自己評価。「今はそんなに良くはないので、まずはしっかりと強い打球が打てるようにしています」とフリー打撃では反対方向を中心に打つなど、練習から工夫を凝らしている。

 数少ないチャンスをモノにするため、“準備”を大切にする平沢。毎日の小さな積み重ねが、やがて大きな花を咲かせるはずだ。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬