野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ3年目右腕が突き詰める“ストレートの質” 154キロ+必要なものとは

プロ入りからこだわっているのが“ストレートの質”だ。プロ1年目の2016年、ロッテの高野は「バッターのレベルも(社会人時代よりも)上がっているので、真っ直ぐでいかにファウルを取れるか。追い込まれるまで、どれだけバッターを押し込めるか。ストレートの質に気を付けて投げています」と社会人時代に比べて打者のレベルも上がったプロの世界で生き抜くために、ストレートの向上を課題に挙げた。

ロッテ・高野圭佑【写真:荒川祐史】
ロッテ・高野圭佑【写真:荒川祐史】

ロッテの3年目・高野圭佑投手の武器は力強いストレート

 プロ入りからこだわっているのが“ストレートの質”だ。プロ1年目の2016年、ロッテの高野は「バッターのレベルも(社会人時代よりも)上がっているので、真っ直ぐでいかにファウルを取れるか。追い込まれるまで、どれだけバッターを押し込めるか。ストレートの質に気を付けて投げています」と社会人時代に比べて打者のレベルも上がったプロの世界で生き抜くために、ストレートの向上を課題に挙げた。

【PR】「DAZN」ならロッテ戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 翌2年目はストレートを武器に紅白戦から7試合連続で無失点と、開幕1軍入りへアピールした。しかし、打者のレベルが上がってきたオープン戦終盤に失点を重ね、開幕2軍スタートとなった。この時、高野は「(打たれたのは)バッターどうこうという話ではないです。ストレートの質を高めることと維持していくこと。そこができない限りは、なかなか厳しいのではないかと思っている」と反省した。

「シンプルに球速をもう一段階上げたいところと、球の状態をもっと良くする。回転数、回転軸であったり、見え方だったりを工夫していかないと。速い中にも質がある。もうちょっと突き詰めないといけない」。

 ストレートの質を高めるため、携帯電話にあるボールを測定する機会を使って、回転数、回転軸、球速がどの方向に回転しているのか、自分の感覚と比べて実際にどれくらいの球を投げているのかを研究した。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬