野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリックス常務取締役の村山氏が間質性肺炎で死去 享年72歳

オリックスは24日、球団の常務取締役連盟担当だった村山良雄氏が24日午前4時45分に、西宮市内の病院で間質性肺炎のため死去したと発表した。72歳だった。

25日に通夜、26日に告別式が行われる

 オリックスは24日、球団の常務取締役連盟担当だった村山良雄氏が24日午前4時45分に、西宮市内の病院で間質性肺炎のため死去したと発表した。72歳だった。

【PR】「DAZN」ならオリックス戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 村山氏は立命館大学から住友鋼管工事株式会社を経て、1989年6月にオリックス野球クラブ株式会社に入社。総務部部長兼広報部部長を務め、1995年には取締役事業本部副本部長・営業部部長に。2001年に常務取締役となり、2009年には常務取締役球団本部長、2013年11月からは常務取締役連盟担当を務めていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」