野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武、秋山の2戦連発7号3ランで逆転 登板したばかりの嘉弥真の初球捉える

西武が秋山翔吾外野手の2試合連発の本塁打で試合をひっくり返した。24日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。2点ビハインドの6回、リードオフマンが起死回生の逆転弾を放った。

6回、今季7号逆転3ランを放った西武・秋山【画像:(C)PLM】
6回、今季7号逆転3ランを放った西武・秋山【画像:(C)PLM】

左腕が投じた初球のスライダーを右翼スタンドへと運ぶ

 西武が秋山翔吾外野手の2試合連発の本塁打で試合をひっくり返した。24日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。2点ビハインドの6回、リードオフマンが起死回生の逆転弾を放った。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 この回、ソフトバンクは先発の中田から2番手の二保にスイッチ。この継投を西武打線が逃さなかった。2死から炭谷が左翼線を破る二塁打を放ち出塁すると、2試合連続でスタメン起用された金子一がプロ初マルチ安打となる左前安打を放って続く。2死一、三塁とチャンスを拡大すると、秋山が大仕事をやってのけた。

 ここでソフトバンクベンチは左腕の嘉弥真をマウンドに。この初球、狙いすましたように完璧に捉えた。真ん中高めへ入った甘いスライダーをジャストミート。快音を残した打球は、右翼スタンドへと消えた。試合をひっくり返す逆転の7号3ランとなった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」