野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • ブーン監督、チャップマン投入は左対左ではなく「オオタニの危険性を考慮」

ブーン監督、チャップマン投入は左対左ではなく「オオタニの危険性を考慮」

ヤンキースのアーロン・ブーン監督は25日(日本時間26日)、2-1で勝利した本拠地エンゼルス戦後、大谷翔平投手を迎える8回2死で左腕守護神の投入に踏み切ったのは、「左対左」のセオリー以上に「オオタニの危険性を考慮」しての選択だったと明かした。

3打数無安打1四球に終わったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
3打数無安打1四球に終わったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

8回2死から守護神投入「今日はその策を取る日」

 ヤンキースのアーロン・ブーン監督は25日(日本時間26日)、2-1で勝利した本拠地エンゼルス戦後、大谷翔平投手を迎える8回2死で左腕守護神の投入に踏み切ったのは、「左対左」のセオリー以上に「オオタニの危険性を考慮」しての選択だったと明かした。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 ヤンキースが1点をリードする8回2死一塁。左打者の大谷を打席に迎える場面でブーン監督が動いた。3番手デービッド・ロバートソン続投も考えられたが、守護神の左腕アロルディス・チャップマンを投入。注目の対決は全球直球対決。4球目は大谷が大飛球としたが、最後は5球目101.9マイル(約164キロ)速球で遊ゴロに打ち取った。

 試合後、この場面での継投策について問われたブーン監督は、8回からチャップマンを投入したことについて「シーズン中、頻繁に取る策ではないが、場合によっては試合を締めくくる4死をチャップマンに任せることもある。今日はその策を取る日」と説明。左腕対左打者のマッチアップ以上に「オオタニの危険性を考慮しての選択だった」と明かした。

 2人の直球勝負について問われると、満足そうな笑みを浮かべながら「いい対決だった。オオタニはいいスイングをしていた。2人の対決は見応えがあった。2人の間にもピリッとした緊張感が見えた。オオタニはいいスイングだったが、チャップマンが打ち取ってよかった」と振り返った。

 チャップマンと大谷が繰り広げた真剣勝負は、対決を“演出”したブーン監督をも満足させたようだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」