野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ジャッジが異次元の鬼肩披露 右翼から今季最速162キロのレーザービーム

ジャッジが異次元の鬼肩披露 右翼から今季最速162キロのレーザービーム

ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が25日(日本時間26日)、本拠地エンゼルス戦で驚愕のバックホーム送球を見せた。その球速は、守護神アロルディス・チャップマンに迫る時速100.5マイル(約162キロ)を計測。今季メジャー野手の送球では最速を記録したという。

ヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:Getty Images】
ヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:Getty Images】

今季メジャー野手の最速送球で同点危機を阻止

 ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が25日(日本時間26日)、本拠地エンゼルス戦で驚愕のバックホーム送球を見せた。その球速は、守護神アロルディス・チャップマンに迫る時速100.5マイル(約162キロ)を計測。今季メジャー野手の送球では最速を記録したという。

【PR】「DAZN」でMLB&NPBを観戦しよう! ”初月無料視聴可能”、スポーツコンテンツが充実

 打席で見せる爆発的なパワーに注目が集まるジャッジだが、この日は知る人ぞ知る強肩を発動させた。1点リードで迎えた3回2死一、二塁。エンゼルスのアップトンが放った打球はライト前ヒットとなった。好スタートを切った二塁走者カルフーンは三塁を蹴って、一気にホームへ。だが、相手が悪かった。

 ライトの守備に就いていたジャッジは捕球するなり、本塁へ向かってレーザービーム送球。文字通り、捕手のミットへ一直線に向かったストライク返球で、ホームへ突っ込んだカルフーンを刺し、同点危機を防いだ。

 MLB公式データ解析システム「スタットキャスト」によると、ジャッジが投げた送球の球速は驚きの100.5マイル(約162キロ)を計測。米スポーツ専門局「ESPN」のコーリー・ハーベイ記者は自身のツイッターで「スタットキャストによると今季メジャー野手の送球では最速記録。最速2位は? 5月11日アスレチックス戦でジャッジが投げた99.9マイル(約161キロ)だ」と伝えている。

 同点危機を救ったジャッジの鬼肩に、本拠地ファンからは割れんばかりの歓声が上がった。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬