野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリックス、またも勝率5割復帰ならず 福良監督「明日なんとか取れるように」

オリックスは26日、ほっと神戸で行われたロッテ戦を3-6で敗れ勝率5割はまたもお預けとなった。先制された直後の初回に宮崎の2号先頭打者本塁打などで2点を奪い逆転に成功したが、先発の山岡が2被弾を含む5回6安打6失点(自責5)と踏ん張ることができなかった。

オリックス・福良監督【写真:荒川祐史】
オリックス・福良監督【写真:荒川祐史】

先発の山岡は2被弾を含む5回6安打6失点で6敗目

 オリックスは26日、ほっと神戸で行われたロッテ戦を3-6で敗れ勝率5割はまたもお預けとなった。先制された直後の初回に宮崎の2号先頭打者本塁打などで2点を奪い逆転に成功したが、先発の山岡が2被弾を含む5回6安打6失点(自責5)と踏ん張ることができなかった。

【PR】「DAZN」ならオリックス戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 宮内オーナーが見守る中、勝てば勝率5割、Aクラス入りも見えた一戦だったが手痛い逆転負けとなった。1点リードの4回。先発の山岡がドミンゲスに一発を浴び同点に追いつかれると、5回には味方のエラーも絡み2死一、三塁とすると角中には右中間へ2点タイムリー、続くドミンゲスには2打席連発となる2ランを浴び勝ち越しを許した。

 自身4連敗で6敗目を喫した山岡は「粘って投げることができませんでした」とコメント。初回の失点は先頭・荻野が放った二塁へのゴロを大城が失策して生まれたもの。5回も先頭・田村の三塁内野安打を西野が悪送球し一気に三塁まで進塁を許すなど、山岡にとっては不運も重なった。

 ミスが絡んだ失点に福良監督は「初回、5回の失点は可哀想なところもあった」と右腕をかばった。27日のロッテ戦が交流戦前の最後の一戦となるが「明日なんとか取れるように。勝ち越せるようにしたい」と力を込めた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」