野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平の椅子の上に挑発続けるNY紙の“削り記事”!? 置いたのは…

大谷翔平の椅子の上に挑発続けるNY紙の“削り記事”!? 置いたのは…

エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地ヤンキース戦に「5番・DH」でスタメン出場し、3打数無安打1四球に終わった。3試合ぶりの無安打で、打率は.309に。試合は、同点の7回に右腕ジム・ジョンソンがヤンキースのスーパールーキー、グレイバー・トーレス内野手に決勝ソロ弾を浴び、エンゼルスが1-2で敗れた。

ニューヨークに“初上陸”したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
ニューヨークに“初上陸”したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

NY初戦は無安打で敗戦、昨年12月に「チキン」の見出しをつけたNY紙は…

 エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地ヤンキース戦に「5番・DH」でスタメン出場し、3打数無安打1四球に終わった。3試合ぶりの無安打で、打率は.309に。試合は、同点の7回に右腕ジム・ジョンソンがヤンキースのスーパールーキー、グレイバー・トーレス内野手に決勝ソロ弾を浴び、エンゼルスが1-2で敗れた。昨オフ、移籍先にヤンキースを選ばなかった大谷を挑発し続けるニューヨーク紙は、勝利を大々的に報じている。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 大谷はこの日、4月27日(同28日)の初対決で豪快なソロ本塁打を浴びせた先発ルイス・セベリーノの前に2打数無安打1四球に終わると、1点を追う8回2死一塁では左腕アロルディス・チャップマンと対戦。ヤンキースがわざわざ“二刀流封じ”のために剛腕守護神を投入してきた場面で、4球目に大ファウルを左翼ポール付近に飛ばしたものの、最後は101.9マイル(約164キロ)の速球で遊ゴロに打ち取られた。

 この日は、選手紹介、そして打席に入る際も大谷への大ブーイングが沸き起こり、凡退後にはヤンキースタジアムが大歓声に包まれた。昨年12月、大谷がポスティングシステム(入札制度)でのメジャー挑戦を表明後、獲得に本腰を入れていたヤンキースはすぐに動き始め、米メディアも移籍先の本命の1つと報じた。しかし、実際には“書類選考”の段階で落選。本人との面接にすら進めず、NYメディアは“恨み節“を綴った。

 特に露骨だったのが、地元紙「デイリー・ニューズ」。紙面には「なんてチキン(意気地なし)だ!」という見出しをつけ、これを紹介したツイートで「舞台負け:ショーヘイ・オオタニはヤンキースでプレーすることに怖じ気づいた」という文章を添えた。この報道には批判的な声も上がったが、それから半年が経過して大谷がニューヨーク初見参となったこの日の朝にも、「これはショーではない!」との見出しが紙面には踊っていた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」