野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹バンデンハーク、納得の好投 白星スルリも「チームが勝つことが一番」

26日、ソフトバンクのリック・バンデンハークが6回1/3を1失点の好投。モイネロの連続被弾で勝ち星は逃したが、指揮官も納得のピッチングに表情は晴れやかだった。

ソフトバンクのリック・バンデンハーク【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのリック・バンデンハーク【写真:藤浦一都】

6回1/3を1失点、6回に市川が捕逸も「自分がサインを見過ごした」

 26日、ソフトバンクのリック・バンデンハークが本拠地楽天戦で6回1/3を1失点の好投。モイネロの連続被弾で勝ち星は逃したが、指揮官も納得のピッチングに表情は晴れやかだった。

【PR】セ・パ交流戦を観るなら「DAZN」 ”初月無料キャンペーン”実施中、登録はこちらから

 立ち上がりからボールに力があった。バンデンハークが見せた好投に、工藤公康監督も「良かったと思います。低めの変化球で三振も取れていたし、全体的に低めにいっていた。前回と違って(低めへの)意識をもってやってくれたと思います」と上機嫌だ。

 7回途中でマウンドを譲ったモイネロが8回に同点にされて白星はスルリ。それでも連敗が3で止まったことで「チームが勝つことが一番大事。これでまた明日からウチらしい戦いができると思う」と、チームファーストの考えを示した。

 初回には楽天が仕掛けたダブルスチールを落ち着いて阻止。「タイミングを図られている気がしたし、いつも(盗塁を)狙われているのはわかっている。あそこでアウトが取れたのは大きかったね」と振り返った。

 バッテリーを組んだ市川友也に「ゲーム全体の流れを読む感じも良かった。(これまでに)ブルペンでも受けてくれていたのでコミュニケーションも取れていたよ。しっかり配球してくれた」と感謝の言葉を述べると「(6回の捕逸は)ぼくがサインを見過ごしてしまって、カーブのサインにストレートを投げてしまった。(市川の身体に)当たらなくてよかったよ」と自分のミスであったことを強調した。

 久々に見られたバンデンハークらしさ。勝ち星こそつかなかったが、チームの勝利への貢献度は大きい。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬