野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトバンクの“誤算”と“ミス” 千賀の復帰延期で苦しくなった台所

一難去って、また一難…ではない。一難去る前に、また一難がやってきてしまった。怪我人続出で苦境に立たされている王者ソフトバンクが、また緊急事態に見舞われた。

ソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】

29日の阪神戦で復帰予定だった千賀が右手指のマメを潰して回避

 一難去って、また一難…ではない。一難去る前に、また一難がやってきてしまった。怪我人続出で苦境に立たされている王者ソフトバンクが、また緊急事態に見舞われた。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 楽天戦で逆転負けを食らい、23勝23敗の勝率5割で交流戦に突入することとなった27日。ショッキングな出来事はこれだけでは終わらなかった。交流戦開幕戦となる29日の阪神戦(甲子園)で先発復帰する予定だった千賀滉大が、登板を回避することになったのだ。

 右前腕部の張りで出場選手登録を抹消されている千賀は、この日1軍に合流。復帰が可能か最終判断するため、この日ヤフオクドーム内のブルペンで、工藤公康監督や倉野信次投手統括コーチらが見守る中で投球練習を行ったのだが、倉野コーチによれば10球ほど投げたところで右手の指のマメが潰れたため、復帰は先送りになったという。

 千賀の復帰先送りは痛い事態ではあるが、それ以上に悩ましい問題が、千賀の代役をどうするか、そしてローテをどう再編していくか、である。嫌な予感がしていた人もいたのではないだろうか。22日の西武戦で今季初先発し、2年ぶりの勝利投手になった摂津正を翌23日に登録抹消したのがマズかった。

 千賀は開幕直後にも右前腕部の張りを訴えており、この時も軽症だとされながら、結局は復帰まで3週間を要した。今回はマメということで状況は幾分異なるが、それも急ピッチでの調整に起因した部分もある。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」