パと真逆…順位変動多く巨人、中日にもチャンス大? セ6球団の交流戦傾向

広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】
広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】

パ・リーグとは対照的に、毎年大きく順位が入れ替わるセ・リーグ

 プロ野球界は29日から、「日本生命セ・パ交流戦 2018」がスタートする。普段対戦することのない両リーグを代表する選手たちの対戦や、指名打者制の有無により、パ・リーグの投手が打席に立ったり、普段と違う状況での各監督たちの選手起用であったりと、楽しみな部分がたくさんある。

 異なるリーグ同士が対戦するとあって、それぞれのリーグでの順位にも大きく関わってくるのだが、果たして交流戦でどれだけリーグ内での順位変動が起こるのか。過去3年間を振り返ってみると、少し意外な傾向が見えてくる。

 今回はセ・リーグ編として、2015年から2017年の3年間、交流戦開始前と終了後の順位を見ていこう。

○2017年
交流戦前
1 広島(29勝19敗1分 .604)
2 阪神(27勝19敗0分 .587 1.0差)
3 巨人(23勝24敗0分 .489 5.5差)
4 DeNA(22勝24敗2分 .478 6.0差)
5 ヤクルト(20勝27敗0分 .426 8.5差)
6 中日(19勝27敗3分 .414 9.0差)

交流戦後と最終順位
→1 広島(41勝25敗1分 .621)リーグ優勝
→2 阪神(37勝27敗0分 .578 3.0差)2位
↑3 DeNA(31勝33敗 .484 9.0差)3位
↓4 巨人(29勝36敗0分 .446 11.5差)4位
↑5 中日(28勝36敗3分 .438 12.0差)5位
↓ヤクルト(25勝39敗1分 .391 15.0差)6位

○2016年
交流戦前
1 広島(29勝23敗1分 .558)
2 中日(25勝24敗3分 .510 2.5差)
3 阪神(25勝25敗3分 .500 3.0差)
4 DeNA(24勝25敗3分 .490 3.5差)
5 巨人(23勝24敗3分 .489 3.5差)
6 ヤクルト(24勝29敗1分 .453 5.5差)

交流戦後と最終順位
→1 広島(40勝29敗2分 .580)リーグ優勝
↑2 巨人(32勝33敗3分 .492 6.0差) 2位
↓3 中日(32勝35敗3分 .478 7.0差)6位
↓4 阪神(32勝36敗3分 .471 7.5差)4位
↓5 DeNA(31勝36敗3分 .463 8.0差)3位
→6 ヤクルト(30勝41敗1分 .423 11.0差)5位

2015年のDeNAは貯金10から、一気に借金1に転落

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY