野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 米メディアも大谷をもっと見たい!? 「いつになったら手綱を緩めるのか?」

米メディアも大谷をもっと見たい!? 「いつになったら手綱を緩めるのか?」

米国で二刀流での活躍を続けるエンゼルスの大谷翔平投手。投打に大活躍を見せているが、米メディアは圧倒的な打撃を続けるバッター大谷を「DHを犠牲にしても打席に立たすべし」と提言した上で、マイク・ソーシア監督の慎重な起用法を「相手の監督をあまりに楽にさせている」と疑問視している。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

今の大谷のルーティンは慎重すぎ?「相手の監督を楽にさせている」

 米国で二刀流での活躍を続けるエンゼルスの大谷翔平投手。投打に大活躍を見せているが、米メディアは圧倒的な打撃を続けるバッター大谷を「DHを犠牲にしても打席に立たすべし」と提言した上で、マイク・ソーシア監督の慎重な起用法を「相手の監督をあまりに楽にさせている」と疑問視している。

【PR】大谷翔平が復帰! 「DAZN」ならMLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

「エンゼルスはショウヘイ・オオタニを活用するさらなる有効策を見出さなければいけない」と特集したのは、米誌「スポーツイラストレイテッド」電子版だった。

 20日(日本時間21日)のレイズ戦で先発した大谷は7回2/3を投げ、9奪三振2失点の快投でチームの連敗を5で止めた。その後、打者としては6試合連続で出場も、25~27日(同26~28日)の敵地ヤンキース戦では初の3試合連続無安打に。これまでは、中6日の先発登板で、指名打者としてはその前後の試合は温存されるというのが二刀流のルーティンだったが、次回先発は30日(同31日)の敵地タイガース戦が予定されており、登板間隔が中9日となる見込みだ。先発登板の日程変更や、28日(同29日)のタイガース戦欠場は疲労も考慮しての措置だと見られるが、米メディアからは、大谷をもっと活用すべきという声が上がっている。

「いつになったら、エンゼルスはショウヘイ・オオタニの手綱を緩めるのか? 彼らの二刀流のスターに対する保守的なアプローチはすでに勝利を犠牲にしているかもしれない」

 記事は冒頭からこのように述べ、マイク・ソーシア監督とエンゼルスの大谷の起用法が慎重すぎるのではないかと疑問符をつけている。例に挙げたのは5月12日(同13日)のツインズ戦。3-3で迎えた延長11回、2死三塁というサヨナラのチャンス。マウンド上は右腕トレバー・ヒルデンバーガーだった。大谷はまだベンチに残っており、サヨナラ勝ちを狙うなら、代打起用も十分考えられる状況だった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」