野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

燕バレンティンが勝ち越し13号ソロ 西浦も4号ソロ、終盤7回にリード奪う

ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手が30日の本拠地ロッテ戦の7回に貴重な勝ち越しソロを放った。

7回、勝ち越しソロ本塁打を放ったヤクルトのバレンティン【写真:荒川祐史】
7回、勝ち越しソロ本塁打を放ったヤクルトのバレンティン【写真:荒川祐史】

バレンティンは大谷のカットボールをライトに運ぶ

■ヤクルト – ロッテ(30日・神宮)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手が30日の本拠地ロッテ戦の7回に貴重な勝ち越しソロを放った。

 雨の中で行われた試合は、1-1のままで7回へ。この回先頭のバレンティンは、1ボールから大谷のカットボールを捉え、右翼スタンドへ運んだ。チームメートの山田に並んでリーグ2位タイに浮上する13号ソロ。均衡を破った。

 ヤクルトはさらに、1死から西浦がライトへ4号ソロ。2点を勝ち越した。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」