野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

2軍で“無双”するハム清宮 12球団でも群を抜く本塁打量産ペースが凄い

日本ハムの清宮幸太郎内野手がファームで“無双”している。5月31日、西武第二球場で行われたイースタンリーグ西武戦に先発出場した清宮は第3打席、西武期待の右腕である高橋光成から中堅バックスクリーンへの本塁打を放ち、これがイースタンリーグ単独トップとなる7号ソロとなった。

日本ハム・清宮幸太郎【写真:荒川祐史】
日本ハム・清宮幸太郎【写真:荒川祐史】

28日のファーム降格後は3試合で3本塁打

 日本ハムの清宮幸太郎内野手がファームで“無双”している。5月31日、西武第二球場で行われたイースタンリーグ西武戦に先発出場した清宮は第3打席、西武期待の右腕である高橋光成から中堅バックスクリーンへの本塁打を放ち、これがイースタンリーグ単独トップとなる7号ソロとなった。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 1軍での苦労は、確実に成長の糧となっているようだ。5月2日の楽天戦からプロ初の1軍昇格を果たした清宮。新人記録となるデビュー戦から7試合連続安打を放ち、7試合目の安打はプロ1号本塁打という華々しいプロとしての1歩目を踏み出した。

 だがその後は21打席連続無安打となるなど、1軍の投手相手に大苦戦。21試合で67打数12安打1本塁打2打点、打率は.179と低迷し、ついに28日に1軍登録を抹消された。

 悔しい思いをすることとなった清宮だが、降格後すぐに結果を残すところが凄いではないか。29日の同リーグ西武戦でいきなり2本塁打。1本目は、こちらも西武期待の右腕で2016年のドラフト1位今井達也から、2本目は福倉健太郎から放った。しかも5打数4安打2本塁打5打点の大当たり。翌30日には本田から中前安打と、期待の若手、そして1軍経験のある投手から安打、本塁打を次々に放ったことになる。

 これで巨人の和田恋、楽天の岩見雅紀、日本ハムの森山恵佑に1本差をつけて、リーグ単独トップの7本目の本塁打となった。ウエスタン・リーグでも最多はバティスタの6本塁打で、清宮はファーム12球団でもトップになった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」