野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 記録はどのように途切れたのか 連続試合出場ストップ時の様々な人間ドラマ

記録はどのように途切れたのか 連続試合出場ストップ時の様々な人間ドラマ

NPBではこれまで連続試合出場記録を1000試合まで伸ばした選手は8人いる。いずれも球史に残る名選手だが、記録が途切れるときにはさまざまなドラマがあった。

阪神・金本監督(左)と鳥谷敬【写真:荒川祐史】
阪神・金本監督(左)と鳥谷敬【写真:荒川祐史】

NPBで連続試合出場記録を1000試合まで伸ばした選手は8人

 NPBではこれまで連続試合出場記録を1000試合まで伸ばした選手は8人いる。いずれも球史に残る名選手だが、記録が途切れるときにはさまざまなドラマがあった。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 日本のプロ野球で連続試合出場記録が初めて注目されたのは、初代ミスター・タイガース、藤村冨美男だった。

 プロ野球草創期から阪神の中心選手だった藤村は、戦後、プロ野球が再開された1946年8月30日から連続試合出場をスタートさせ、1954年まで続けたが7月25日の大阪スタジアムでの中日戦で、判定をめぐって兼任助監督だった藤村が主審を小突いたのがきっかけとなって、没収試合に。藤村は出場停止処分となり、記録は「1014」で途切れた。

 この事実を「記録の神様」山内以九士がメディアに発表し、日本のファンは初めて連続試合出場記録に注目するようになった。

 南海、国鉄で好守好打の一塁手として活躍した飯田徳治は、この記録を破ることに執念を燃やした。藤村の記録を2年遅れで追いかけていた飯田は南海時代の1954年6月15日大阪球場の西鉄戦で手首に死球を受けるが、代走で出場して記録を伸ばした(現在の公認野球規則では代走だけでの試合出場は、出場数には加算されるものの連続試合出場にはカウントされないことになっている)。しかし1958年5月24日、甲子園での阪神戦で走塁中にアキレス腱を断裂して連続試合出場は「1246」で途切れた。

 衣笠祥雄は、飯田徳治の記録を1980年8月2日に22年ぶりに更新、1987年6月13日にはMLBのルー・ゲーリッグの連続試合出場記録を抜く「2131」に到達。国民栄誉賞を受賞する。以後も出場し続け、この年のシーズン終了時に「2215」まで伸ばし、そのまま引退した。

 この衣笠祥雄の記録が現在までNPB記録となっているが、それ以降、5人の選手が連続試合出場記録を1000試合以上積み上げた。

 ヤクルトの主軸打者だった広沢克己は、1986年10月12日から連続試合出場をスタートさせ、1995年にFAで巨人に移籍してからも記録を続けたが、1996年のオープン戦で死球を受けて骨折し、開幕戦を欠場。記録は95年10月8日までの「1180」で途切れた。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」