野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神、藤浪が約1か月半ぶりの1軍登板 初回に重盗&タイムリーで2失点

阪神の藤浪晋太郎投手が3日、敵地の西武戦で今季5度目の先発を果たした。初回に味方のミスも重なり2点を失った。

西武打線の打席結果一覧
西武打線の打席結果一覧

4月20日の巨人戦以来となる1軍登板

■西武 ‐ 阪神(3日・メットライフ)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 阪神の藤浪晋太郎投手が3日、敵地の西武戦で今季5度目の先発を果たした。初回に味方のミスも重なり2点を失った。

 2軍では4試合に登板し3勝0敗、防御率0.35の成績を残し満を持してこの日、1軍に昇格して4月20日の巨人戦以来、約1か月半ぶりの1軍登板となった

 注目の立ち上がり。初回の先頭・秋山に中前打を浴びると続く源田の遊ゴロを植田が弾き、いきなり無死一、三塁のピンチを背負う。浅村を155キロの外角直球で見逃し三振に仕留めたが、続く山川の打席で重盗を許し先制点を献上。2死二塁となりメヒアには左中間へタイムリー二塁打を浴び初回に2点を失った。

 対する西武の先発は今年3月にトレード移籍した榎田。藤浪は2012年、榎田は2010年にドラフト1位で阪神に入団。敵味方に分かれた“阪神ドラ1対決”となった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」