野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ田村が攻守でチームを牽引 読み的中「大ピンチも最少失点で」

ロッテの正捕手・田村龍弘が好守で存在感を発揮し、セ・リーグ首位の広島に7-5とカード勝ち越しを呼んだ。

ロッテ・田村龍弘【写真:荒川祐史】
ロッテ・田村龍弘【写真:荒川祐史】

セ・リーグ首位広島を相手に7-5で勝利しカード勝ち越しを決めた

 ロッテの正捕手・田村龍弘が好守で存在感を発揮し、セ・リーグ首位の広島に7-5とカード勝ち越しを呼んだ。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ロッテ戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 3日の広島戦に2日連続の7得点で連勝した。3-5と2点を追う6回、2死から井上の中前適時打、鈴木の右翼フェンス直撃のタイムリー三塁打で同点とすると、田村がフルカウントから3番手・今村の落ちる変化球に食らいついて、左中間へ勝ち越しの二塁打を放った。

「スライダーかフォークボール。3球真っすぐがきて、スライダーが2球。(6球目はフォークでファール)ストレートが来るかと思っていたが、頭の中にはスライダー(変化球)があったから打てた」と捕手らしい分析を見せた。

 井口監督は、バッティングの調子を落としている田村に打撃練習では「しっかり振り抜くこと」とアドバイスを送った。打席に入る前に、田村自身も気持ちを切り替えたという。「ドミちゃん(ドミンゲス)もいたし、ひょっとして代打を出されるのかと思っていたが、(鈴木大地で)同点になって代打はないと思った。井口さんから(打撃の)アドバイスももらった」と気合を入れ直し、結果に結びつけた。

 リード面でも、「(セ・リーグの打者は)変化球を打つのがうまい。真っすぐをどんどん使っていけたのがよかった」と、この日は同点にされてなお1死満塁、土肥をリリーフした今季初登板の阿部には強い真っすぐで押すリードに徹した。菊池を146キロで見逃し三振。丸を一直に抑え流れを渡さかった。「大ピンチも最少失点で、ビッグイニングを作らせなかった」と女房役は胸を張った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」