野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 代打・大谷、「足」で内野安打&同点ホーム 逆転勝利に貢献、トラウト決勝打

代打・大谷、「足」で内野安打&同点ホーム 逆転勝利に貢献、トラウト決勝打

エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、4戦ぶりにスタメンを外れた本拠地ロイヤルズ戦に代打で出場し、2試合連続ヒットとなる二塁内野安打を放った。その後、同点ホームを踏むなど逆転を呼び込む貴重な一打に。エンゼルスはその直後に同点に追いつかれたものの、8回にトラウトが決勝打が放ち、9-6で勝利した。

内野安打で出塁しトラウトのタイムリーで生還した大谷【写真:Getty Images】
内野安打で出塁しトラウトのタイムリーで生還した大谷【写真:Getty Images】

“シフト”敷かれるも二塁内野安打、8回はトラウト&アップトン&プホルスが3連続タイムリー

 エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、4戦ぶりにスタメンを外れた本拠地ロイヤルズ戦に代打で出場し、2試合連続ヒットとなる二塁内野安打を放った。その後、同点ホームを踏むなど逆転を呼び込む貴重な一打に。エンゼルスはその直後に同点に追いつかれたものの、8回にトラウトが決勝打が放ち、9-6で勝利した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 試合は序盤から点の取り合いに。ロイヤルズが初回にムスタカスのタイムリーで先制するも、エンゼルスはシモンズの犠飛ですぐさま同点に追いつく。しかし、ロイヤルズは2回に2点を勝ち越すと、エンゼルスもその裏にマルドナードのヒットで1点を返した。

 5回にはロイヤルズが2得点、エンゼルスが1得点と2点差に引き離される。しかし、エンゼルスは6回にマルテのソロ本塁打で1点差とすると、「代打・大谷」から逆転に成功した。

 1死走者なしの場面で、ヤングに代わって出場した大谷は、カウント2-1からロイヤルズ2番手右腕マッカーシーの4球目、92.7マイル(約149キロ)の外角低めツーシームを打った。右に寄った大谷シフトの間を抜けた打球は二塁内野安打に。2戦連続安打を記録した。

 すると、続くキンズラーが四球を選んで大谷は二塁へ。トラウトが中堅に弾き返した鋭い打球に反応し、快足を飛ばして二塁から一気にホームへ生還。貴重な同点ホームを踏んだ。エンゼルスは2死一、二塁からプホルスが中堅へ勝ち越しタイムリーを放ち、6-5と逆転に成功。しかし、直後の7回に救援ラミレスが初球を打たれて同点弾を浴び、試合を振り出しに戻された。

 それでも、エンゼルスは8回に1死一、二塁の好機を作ると、トラウトの2打席連続タイムリーで勝ち越し。さらに、アップトン、プホルスにもタイムリーが飛び出し、3点差に広げて勝利した。大谷は2試合連続安打で打率.289とした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」