野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ有吉、“3度目の正直”で先発初勝利 8回途中3安打無失点の快投

ロッテの2年目右腕・有吉優樹投手が先発での初勝利を挙げた。6日の敵地・中日戦で8回途中3安打無失点と快投。プロ3度目の先発登板で初めて勝利投手となった。ロッテは4連勝を飾った。

ロッテが中日相手に完封勝利
ロッテが中日相手に完封勝利

プロ3度目の先発登板で白星、ロッテは4連勝

■ロッテ 1-0 中日(6日・ナゴヤドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 ロッテの2年目右腕・有吉優樹投手が先発での初勝利を挙げた。6日の敵地・中日戦で8回途中3安打無失点と快投。プロ3度目の先発登板で初めて勝利投手となった。ロッテは4連勝を飾った。

 有吉は初回、1死から大島に内野安打を許すも、アルモンテを中飛、ビシエドは遊ゴロと後続を断つ。すると、2回に清田が先制ソロ。有吉を援護した。

 2回は2死から高橋にレフトへのヒットを許すも、大野奨を空振り三振。3回は3者凡退、4回は1死からビシエドに死球、平田には四球で一、二塁としたが、福田を二ゴロ併殺打に仕留めた。

 有吉は5、6、7回と3イニング連続3者凡退。しかし、8回に先頭・高橋にセンター前ヒットを浴び、大野奨の犠打で1死とされる。ロッテベンチはここで有吉を代え、松永にスイッチ。代打・藤井を右飛に打ち取った後、京田にはレフト前ヒットを浴びて2死一、三塁とされるも、最後は大島をスライダーで見逃し三振に仕留めてピンチを切り抜けた。

 9回は守護神・内が抑えてロッテが勝利。7回1/3を3安打無失点に抑えた有吉に今季初白星がついた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」