野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天・岸が史上54人目の通算1500奪三振を達成 巨人・岡本の見逃し三振で達成

楽天の岸孝之投手が、史上54人目の通算1500奪三振を達成した。7日、敵地・東京ドームで行われた巨人戦。6回に岡本からこの日7個目の三振を奪い、記録を達成した。

6回、楽天・岸が巨人打線から3者連続三振を奪う
6回、楽天・岸が巨人打線から3者連続三振を奪う

初奪三振は2007年3月30日の日本ハム戦

■巨人 – 楽天(7日・東京ドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 楽天の岸孝之投手が、史上54人目の通算1500奪三振を達成した。7日、敵地・東京ドームで行われた巨人戦。6回に岡本からこの日7個目の三振を奪い、記録を達成した。

 今季10試合目の先発マウンドに上がった岸。2回1死一、二塁で、巨人先発の鍬原のスリーバント失敗でこの日1個目の三振を奪った。6回には先頭のゲレーロを空振り三振に斬って王手をかけると、岡本は内角低めへの見逃し三振で記録を達成。さらに続く阿部も空振り三振に仕留め、3者連続三振とした。

 岸は西武時代の2007年3月30日の日本ハム戦(札幌D)で、3回に木元から奪った三振がプロ初奪三振だった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」