野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷、マメで降板も粘って1失点 危機脱出のスプリットは「振らざるをえず」

大谷、マメで降板も粘って1失点 危機脱出のスプリットは「振らざるをえず」

エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)の本拠地ロイヤルズ戦に先発。1点ビハインドの5回にいったんはマウンドに上がりながら、右手中指のマメの影響で緊急降板した。4回4安打4奪三振3四球1失点という内容で、勝敗はつかず。地元メディアは、そんな中でも4回2死満塁の絶体絶命のピンチで空振り三振を奪った宝刀スプリットの切れ味を称えている。エンゼルスは4-3で勝利した。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

5回にマウンドに上がったものの降板、4回の大ピンチ切り抜けた1球に称賛の声

 エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)の本拠地ロイヤルズ戦に先発。1点ビハインドの5回にいったんはマウンドに上がりながら、右手中指のマメの影響で緊急降板した。4回4安打4奪三振3四球1失点という内容で、勝敗はつかず。地元メディアは、そんな中でも4回2死満塁の絶体絶命のピンチで空振り三振を奪った宝刀スプリットの切れ味を称えている。エンゼルスは4-3で勝利した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 序盤から制球に苦しんだ大谷は、4回に正念場を迎えた。2死二塁からゴードンに右前タイムリーを許し、1点を先制される。なおも2四球で2死満塁とピンチを作り、アルモンテを迎えた。

 だが、大谷は崩れなかった。カウント1-2から87.6マイル(約141キロ)の宝刀スプリットが炸裂。急降下し、ホームベースの手前でワンバウンドした1球に、アルモンテのバットは空を切った。

 大谷は右手で小さくガッツポーズ。二刀流のスーパースターの危機脱出の動画を地元テレビ局「FOXスポーツ・ウェスト」の公式ツイッターが称賛のメッセージとともに紹介した。

 一方、MLB公式サイトのデータ解析システム「スタットキャスト」の専門記者デビッド・アドラー氏もこの1球に注目。「2死満塁でショウヘイ・オオタニはエイブラハム・アルモンテに1球もファストボールを投げず。そして、オオタニのスプリットに直面すると、アルモンテはバットを振らざるをえず。三振でイニングを切り抜けた」とツイートした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」