野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 右手中指マメの大谷、無念の降板も…守備力に感嘆の声「お手本のような動き」

右手中指マメの大谷、無念の降板も…守備力に感嘆の声「お手本のような動き」

6日(日本時間7日)に行われた本拠地でのロイヤルズ戦で、先発登板したエンゼルスの大谷翔平投手。今季9度目の先発マウンドは、右手中指にマメが出来るアクシデントに見舞われて4回で降板となる無念の展開となった。1点ビハインドの5回も1度はマウンドに上がったが、投球練習中にマウンドに向かったマイク・ソーシア監督と言葉を交わした後に降板となった。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

華麗な守備で2度の投ゴロをさばく、専門家は「投手としてのお手本のような動き」

 6日(日本時間7日)に行われた本拠地でのロイヤルズ戦で、先発登板したエンゼルスの大谷翔平投手。今季9度目の先発マウンドは、右手中指にマメが出来るアクシデントに見舞われて4回で降板となる無念の展開となった。1点ビハインドの5回も1度はマウンドに上がったが、投球練習中にマウンドに向かったマイク・ソーシア監督と言葉を交わした後に降板となった。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 今季2度目となったマメによる途中降板。チームは4-3と逆転勝利を収めたものの、右腕は5勝目を逃すこととなった。4回4安打1失点。大きな衝撃を与える前にマウンドを降りた大谷だが、試合を中継した「FOXスポーツ・ウエスト」では右腕の“あるプレー”に注目した。

 それは、大谷が見せる野手顔負けのフィールディングだ。初回1死一、二塁でペレスの打球は投ゴロに。捕球した大谷は素早いフィールディングで二塁へと転送し、併殺を完成させた。2回2死二塁のピンチでは、ゴーインスが放った強烈な打球に素早く反応して、この日2つ目の投ゴロとした。

 この二刀流右腕が見せた守備力に驚嘆の声を上げたのは「FOXスポーツ・ウエスト」で解説していたメジャー通算132勝投手のマーク・グビザ氏だった。初回の場面で「何てアスリートでしょう! ショウヘイ・オオタニが二遊間の選手ように打球を処理しました。投手としてのお手本のような動きです」と解説。2回に強烈な打球を処理したシーンでは「彼は自身のポジションでしっかりとした守備をしてくれます」と称えた。

 エンゼルスの公式ツイッターでもこのプレーを特筆し、ファンから称賛の声が寄せられた。

 ピッチング、そしてバッティングで非凡な能力を発揮し続けてきた大谷。そのスピードが脚光を浴びることもあったが、今度はその守備力にも高い評価が。走攻守の三拍子を超越した、投走攻守の“四拍子”揃ったプレーヤーだと言えそうだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」