野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • メガネの名一塁手、小田義人氏71歳で死去 ヤクルト、日本ハムなどで活躍

メガネの名一塁手、小田義人氏71歳で死去 ヤクルト、日本ハムなどで活躍

ヤクルト、南海、日本ハム、近鉄で活躍した小田義人氏が5日、肺がんのため死去した。71歳だった。

メガネの名一塁手、小田義人氏の通算成績
メガネの名一塁手、小田義人氏の通算成績

26歳でプロ入りの遅咲き、藤井・青木・田中浩らを発掘

 ヤクルト、南海、日本ハム、近鉄で活躍した小田義人氏が5日、肺がんのため死去した。71歳だった。

 小田氏は、名門静岡高時代に甲子園に出場、1965年の第1回ドラフト会議では阪急ブレーブスから6位で指名された。ちなみにこのとき同じ阪急から4位で指名されたのが習志野高校の谷沢健一だった。しかし2人とも入団を拒否して早稲田大学に進んだ。

 この1966年入学世代は、早大野球部史上空前の豊作となった。ドラフト年は異なるが、7人もの同級生がプロ入りしたのだ。

投手 小坂敏彦(高松商 1969年巨人1位)
投手 安田猛(小倉高 大昭和製紙を経て1971年ヤクルト6位)
捕手 阿野鉱二(明星高 1969年巨人2位)
一塁手 小田義人(静岡高 大昭和製紙を経て1972年ヤクルト2位)
遊撃手 荒川尭(早実高 1969年大洋1位)
外野手 谷沢健一(習志野高 1969年中日1位)
外野手 千藤三樹男(岐阜商高 北海道拓銀を経て1971年東映7位)

 7人はすべて1軍で活躍した。小田氏は谷沢、阿野らとともに1年生から石井藤吉郎監督に注目されたが、谷沢と荒川が東京六大学のスター選手になる中で、卒業時にはやや影が薄くドラフト指名されなかった。そして社会人を経て1972年のドラフトでヤクルトに2位指名され、同期7人の中では最も遅くプロ入り。入団年には26歳になっていた。

 ヤクルトでは即戦力として1年目から一塁で起用されるが、正位置を確保できず、1974年オフに大杉勝男とのトレードで日本ハムに移籍した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」