野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日松坂が古巣ホークスに勝った! 5回1失点で3勝目、巨人抜き最下位脱出

中日の松坂大輔投手が古巣ソフトバンクから白星を掴んだ。8日、本拠地ナゴヤドームで行われた一戦。昨季まで3年間在籍した古巣との対戦となった右腕は毎回のように走者を背負う苦しい展開となりながらも、許した得点はわずかに1。5回3安打1失点と粘りの投球を見せると、リリーフ陣がリードを守り抜いて今季3勝目をあげた。

中日・松坂大輔【写真:福谷佑介】
中日・松坂大輔【写真:福谷佑介】

毎回のように走者を背負う苦しい投球だったが、5回3安打1失点

■中日 5-4 ソフトバンク(8日・ナゴヤドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 西武戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 中日の松坂大輔投手が古巣ソフトバンクから白星を掴んだ。8日、本拠地ナゴヤドームで行われた一戦。昨季まで3年間在籍した古巣との対戦となった右腕は毎回のように走者を背負う苦しい展開となりながらも、許した得点はわずかに1。5回3安打1失点と粘りの投球を見せると、リリーフ陣がリードを守り抜いて今季3勝目をあげた。

 立ち上がりから荒れ模様だった。初回2死から中村晃、柳田への連続四球、ビシエドの失策で満塁のピンチ。ここは松田を中飛に斬って取ってなんとか凌いだが、2回に先制点を奪われた。先頭の甲斐に四球を与えると、1死から千賀のボテボテのゴロを松坂、一塁のビシエド、二塁の高橋でお見合い。明石にも四球を与えて満塁となり、塚田の一、二塁間へのゴロを処理した高橋の野選で1点を奪われた。

 だが、なおも満塁のピンチでは中村晃を空振り三振、柳田も外角低めへの真っ直ぐで見逃し三振に。絶体絶命のピンチを最少失点で切り抜けた。4回には先頭の明石が放った何でもない遊ゴロを京田がトンネルして走者を背負ったが、1死二塁から中村晃を三飛、柳田には内角低めへのカットボールで空振り三振に斬った。5回をこの日初めて3者凡退に切ると、球数は104球に達しており、この回で降板した。

 打線は先制された直後の2回に福田が中前適時打を放って同点に。4回にはソフトバンク先発の千賀から高橋が4号3ランを放って勝ち越し。さらに京田の適時打も出て4点のリードを奪った。6回からは継投。7回に岩瀬がつかまり1点差まで追い上げられたが、何とか逃げ切りに成功。松坂は3勝目をマークし、チームは西武に敗れた巨人を抜き、最下位から脱出した。

 ソフトバンクは6連勝のあと3連敗。2回に先制したものの、先発の千賀が高橋に勝ち越し3ランを浴びるなど5点を失い、4回で降板。被弾直前、治療のためにベンチへ戻っており、何らかの異変を抱えていた可能性もある。打線も、昨季まで同僚の松坂から走者を出せども、あと1本がなかなか出ず。7回に中村晃、柳田、松田の3連打などで1点差としたが、反撃もここまで。またもオリックスが0.5ゲーム差に迫ってきた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」