野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

松坂3勝目&高橋決勝3ラン 最下位脱出の中日森監督「あそこで一発が出るとは…」

中日が連勝で、最下位を脱出した。8日、本拠地ナゴヤドームで行われたソフトバンク戦。昨季まで3年間在籍した古巣との対戦となった松坂が5回1失点と粘りの投球を見せると、打線は4回に高橋が勝ち越し3ランを放つなど一挙4得点。カード初戦に勝利し、森繁和監督は「周平が本塁打を打ってくれていい展開になった。そのあとの1点が良かった、京田が打ってくれたのが良かった」と4回の攻撃を称えた。

中日・森監督【写真:荒川祐史】
中日・森監督【写真:荒川祐史】

松坂は左臀部がつったこともあり5回3安打1失点で降板

■中日 5-4 ソフトバンク(8日・ナゴヤドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 中日が連勝で、最下位を脱出した。8日、本拠地ナゴヤドームで行われたソフトバンク戦。昨季まで3年間在籍した古巣との対戦となった松坂が5回1失点と粘りの投球を見せると、打線は4回に高橋が勝ち越し3ランを放つなど一挙4得点。カード初戦に勝利し、森繁和監督は「周平が本塁打を打ってくれていい展開になった。そのあとの1点が良かった、京田が打ってくれたのが良かった」と4回の攻撃を称えた。

 先発の松坂は序盤から制球に苦しんだ。初回に2つの四球から満塁のピンチを作ると、2回も四球と味方のミスなどが絡んで先制点を失った。それでも、なんとかゲームを作るのが、今の松坂。走者を出しながらも、5回1失点の粘投。左臀部をつったため、104球での降板となり、指揮官も「松坂は早々と降りてしまいましたけど、球数があれだけ多いと、あそこでいっぱいかなと」と語った。

 右腕が粘りの投球で同点を保っていると、4回、平田、福田の連続四球で好機を形成。ソフトバンク先発の千賀が治療のために一度ベンチへ下がり、戻ってきたあとの初球を高橋が捉えた。高々と舞い上がった打球は右翼席への3ラン。これには、指揮官も「あそこで一発が出るとは、頭には浮かんでいなかった。ああいう形で日替わりでヒーローが出てきてくれれば、と思いますね」と驚きの表情だった。

 カード初戦を勝ったのは交流戦初で、実に5カードぶり。久々の先勝に、指揮官は「1点差をもぎ取れたのが良かった。初戦を取れたのが久しぶりなので、なんとか明日もありますから、勝ち越し出来るように頑張ります。どこで勝っても嬉しいのは嬉しいですけど、頭を取れた、それを松坂で出来たというのが良かった。次の投手たちに期待が出来る」と語り、9日の2戦目でのカード勝ち越しに視線を向けていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」