野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリックス、ディクソンが来日最短の1回降板 打者9人の猛攻浴び6失点

オリックスのブランドン・ディクソンが来日最短となる1イニングで降板となった。初回に打者9人の猛攻を浴び一挙6点を失うと、2回の第1打席で代打・西村が告げられ1回5安打6失点で今季初勝利はまたもお預けとなった。

ヤクルト戦に先発も来日最短1イニングで降板したブランドン・ディクソン【写真:荒川祐史】
ヤクルト戦に先発も来日最短1イニングで降板したブランドン・ディクソン【写真:荒川祐史】

2回の第1打席で代打を送られ降板

■ヤクルト – オリックス(9日・神宮)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 オリックスのブランドン・ディクソンが来日最短となる1イニングで降板となった。初回に打者9人の猛攻を浴び一挙6点を失うと、2回の第1打席で代打・西村が告げられ1回5安打6失点で今季初勝利はまたもお預けとなった。

 ヤクルト打線を止めることはできなかった。先頭の山田に中前打、青木を死球、川端に投手内野安打で無死満塁のピンチを招く。バレンティンの三ゴロ併殺で同点に追いつかれると続く雄平に四球を与え2死一、三塁。ここで西浦に左前タイムリーを浴びると、中村には左翼席へ3ランを浴びこの回一挙6点を失った。

 その後、2回1死二塁で迎えた第1打席で代打を送られ降板。2回から2番手として山崎福がマウンドに上がった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」