野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷の靭帯損傷、米メディアはスプリット多投を指摘も…エ軍GMは影響否定

大谷の靭帯損傷、米メディアはスプリット多投を指摘も…エ軍GMは影響否定

エンゼルスの大谷翔平投手はグレード2の右肘内側側副靱帯損傷で8日(日本時間9日)に10日間の故障者リスト(DL)に入った。球団によると、7日(同8日)にロサンゼルスでスティーブ・ユン医師の診断を受けた大谷は、すでに多血小板血漿(PRP)治療と幹細胞注射を受けたという。3週間後に再び患部の状態をチェックし、その後の治療方針を固める予定だが、長期離脱は避けられないと米メディアは伝えている。

故障者リスト入りが発表されたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
故障者リスト入りが発表されたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

肘の靭帯損傷でDL入り、3週間後に再検査も「この影響は大きい」

 エンゼルスの大谷翔平投手はグレード2の右肘内側側副靱帯損傷で8日(日本時間9日)に10日間の故障者リスト(DL)に入った。球団によると、7日(同8日)にロサンゼルスでスティーブ・ユン医師の診断を受けた大谷は、すでに多血小板血漿(PRP)治療と幹細胞注射を受けたという。3週間後に再び患部の状態をチェックし、その後の治療方針を固める予定だが、長期離脱は避けられないと米メディアは伝えている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 米メディア「ジ・アスレチック」は「ショウヘイ・オオタニの傑出したルーキーイヤーはトミー・ジョン手術の可能性により危うくなっている」とのタイトルで特集を組み、今後の展望について詳細に分析している。

 記事ではまず「少なくとも3週間は、エンゼルスも球界も待つことしかできない」と指摘。再検査の結果が出るまでは、治療方針も決まらない。状態次第では、最悪の場合には靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)の可能性も浮上するが、それも3週間後までは決められないということになる。もっとも、エンゼルスのビリー・エプラーGMは「オオタニが(手術を)避けられること、医師が勧める処方で完全に治療できることを願っている」と手術には否定的であることを明かしている。

 昨年12月、大谷がエンゼルスと契約した後、軽度の靭帯損傷で実は10月にPRP治療を受けていたと米メディアが報じていた。当時はグレード「1」で、あくまで予防的な措置だったとエプラーGMは説明。MRI検査の結果などから、心配はないと不安を一蹴していた。記事でもこのことを紹介しているが、今回はグレード「2」となっており、離脱を余儀なくされた。

「重症度について完全な詳細が分かっていない時点でも、この影響は大きい。23歳のルーキー右腕・指名打者は、今後3週間で痛めた靱帯(の状態)が回復したとしても、かなりの時間、離脱することになる。その期間、彼は投げることができず、48~72時間の休息期間の後は、強化・調整・治療プログラムを行うことに限定されるであろう。つまり、3週間後の検査の結果で回復が見られたとしても、一から投球プログラムを再び開始しなければならないだろう」

 特集ではこのように指摘。靭帯は自然治癒しないため、いずれにしても手術を受けるまで損傷は治らないが、保存療法であるPRP治療で復帰している選手も多い。ヤンキースの田中将大投手もその1人で、メジャー1年目の2014年に軽度の靭帯部分断裂を負ったが、PRP治療で復帰。そのまま手術せずに現在も投げ続けており、今は肘への懸念はない。ただ、PRP治療でも長期離脱は避けられず、田中も復帰までに2か月半を要した。当然ながら焦りは禁物で、エンゼルスも慎重を期すことになるだろう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」