野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリックス田嶋プロ最短3回1/3、ワースト8失点で降板 「試合を作れず…」

オリックスの田嶋大樹投手が10日、神宮で行われたヤクルト戦に先発し今季最短となる3回1/3、7安打8失点で降板した。雨が降りしきる中、6四球と制球を乱し、バレンティンに一発を浴びるなど大量失点を喫した。

オリックス田嶋が8失点でKO
オリックス田嶋が8失点でKO

雨の中、6四球と制球を乱し痛打を浴びる

■ヤクルト – オリックス(10日・神宮)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 オリックス戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 オリックスの田嶋大樹投手が10日、神宮で行われたヤクルト戦に先発し今季最短となる3回1/3、7安打8失点で降板した。雨が降りしきる中、6四球と制球を乱し、バレンティンに一発を浴びるなど大量失点を喫した。

 初回に先頭の山田に二塁打を浴びるなどいきなり1死満塁のピンチを背負うと、荒木に走者一掃となるタイムリー二塁打を浴び3失点。さらに3回には無死二、三塁からバレンティンに左翼席へ3ランを浴び、4回には1死満塁から再びバレンティンに中前へ2点タイムリーを浴び続く雄平に四球を与えたところで降板となった。

 3回1/3での降板はプロ最短、8失点もプロ入りワーストとなった田嶋は「試合を作れず申し訳ないということしかありません」とコメントした。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」