野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷、手術となれば…米記者「トラウトとはあと1年しかプレーできないかも」

大谷、手術となれば…米記者「トラウトとはあと1年しかプレーできないかも」

エンゼルスの大谷翔平投手がグレード2の右肘内側側副靱帯損傷で8日(日本時間9日)に10日間の故障者リスト(DL)に入った。すでに多血小板血漿(PRP)治療と幹細胞注射を受けた二刀流右腕は3週間後に再び患部の状態を見て、その後の治療方針を固める予定。仮に靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けることになれば今季は出場できず、プレーオフ進出を目指すチームにも大打撃。復帰は早くても2019年後半戦となるが、エンゼルスが2020年を最後に“弱体化”する可能性もあると米名物記者が指摘している。

エンゼルス・大谷翔平とマイク・トラウト【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平とマイク・トラウト【写真:Getty Images】

米名物記者が分析「手術を受けることになったら、エンゼルスの未来は悲惨」

 エンゼルスの大谷翔平投手がグレード2の右肘内側側副靱帯損傷で8日(日本時間9日)に10日間の故障者リスト(DL)に入った。すでに多血小板血漿(PRP)治療と幹細胞注射を受けた二刀流右腕は3週間後に再び患部の状態を見て、その後の治療方針を固める予定。仮に靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けることになれば今季は出場できず、プレーオフ進出を目指すチームにも大打撃。復帰は早くても2019年後半戦となるが、エンゼルスが2020年を最後に“弱体化”する可能性もあると米名物記者が指摘している。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 大谷の負傷がエンゼルスに与える影響について語ったのは、米国でスクープを連発する米メディア「ジ・アスレチック」の敏腕記者、ケン・ローゼンタール氏。FOXスポーツの中継に登場し「オオタニがトミー・ジョン手術を受けることになったら、エンゼルスの未来は悲惨だ」と言い切った。

 なぜなのか。トミー・ジョン手術からの復帰は投手なら14か月を要するため、3週間後にすぐ決断しても、復帰は2019年の9月頃になる見込み。来季はほぼ棒に振ることになる。ローゼンタール記者は、今季の開幕投手のギャレット・リチャーズ投手が今季限りで契約満了となり、フリーエージェント(FA)になることも指摘。「エンゼルスは一番良い先発投手2人を失うことになる」としている。

 さらに深刻なのが、チームの「顔」であるマイク・トラウト外野手の去就だ。2015年から6年総額1億4450万ドル(約158億円)の契約を結ぶスーパースターは、2020年限りで契約満了となり、FAとなる。もちろん、その前の契約延長やFA後の再契約の可能性もあるが、現時点で去就は不透明だ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」