野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

元Gクロマティ氏が明かす“秘話” 桑田氏のドラフト1位指名を“進言”していた!?

巨人史上最強の助っ人と称されるウォーレン・クロマティ氏。軟式野球の第4回「MLBドリームカップ」に参戦するゼビオ選抜モントリオール・エクスポズの監督に就任。5月にはトライアウトを行うなど日本球界への貢献を続けている。

トライアウト参加者に声をかけるウォーレン・クロマティ氏【写真:荒川祐史】
トライアウト参加者に声をかけるウォーレン・クロマティ氏【写真:荒川祐史】

当時PL学園にいた桑田氏の試合を王監督とテレビ観戦「今でも覚えています」

 巨人史上最強の助っ人と称されるウォーレン・クロマティ氏。軟式野球の第4回「MLBドリームカップ」に参戦するゼビオ選抜モントリオール・エクスポズの監督に就任。5月にはトライアウトを行うなど日本球界への貢献を続けている。

 MLBドリームカップでは巨人時代の同僚、桑田真澄氏も自ら「桑田パイレーツ」を率いて参戦する。日本全国で5月末から始まった地区予選で監督として直接対決を迎える可能性もある。

「最高じゃないですか、クロマティ対クワタ。日本のベースボールファンにも喜びをもたらすことができますね。今は野球人気は私がジャイアンツにいた時ほどの盛り上がりではありません。この大会でより多くの喜び、情熱をもたらすことができればいいですね。日本のベースボールにゲンキを取り戻すお手伝いがしたいです」

 クロマティ氏は都内で取材に応じ、こう語った。桑田氏とは忘れられない思い出がある。桑田氏は高校時代にPL学園で大活躍し、1985年のドラフト会議で巨人の1位指名を受けて入団。早稲田大学入学を希望していただけに、桑田氏の巨人入団は大きな波紋を広げた。ただ、桑田氏の指名を当時の王貞治監督(ソフトバンク球団会長)に猛プッシュしたのが、意外にもクロマティ氏だったと自ら告白した。

「私がジャイアンツでプレーしている時には、クワタさんはPL(学園)でした。キヨハラさんもPLでした。今でも覚えていますが、神宮でオウさんとテレビでPLの試合を見ていました。オウさんは“我々はドラフトを迎えるが、投手か打者、どちらをドラフトするかは分からない”と言っていた。私はクワタさんのピッチングを見ていたんです」

 神宮球場で当時の王監督と共にPL学園の公式戦をテレビで観戦していたというクロマティ氏。そして、熱弁を振るったというのだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」