野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ハム、斎藤佑樹の炎上で大敗4連敗 虎は昇格即先発の高山3打点、中谷5打点

日本ハムが、先発した斎藤佑樹投手の7失点炎上で大敗した。12日、本拠地・札幌ドームで行われた阪神戦。今季2度目の先発マウンドに上がった右腕は四球でピンチを招く悪循環にハマり、4回8安打6四球7失点でノックアウト。序盤から劣勢に立たされたチームは逆境をはね返せずに4連敗となった。

今季2度目となる先発マウンドに臨んだ日本ハム・斎藤佑樹【画像:(C)PLM】
今季2度目となる先発マウンドに臨んだ日本ハム・斎藤佑樹【画像:(C)PLM】

阪神先発のメッセンジャーは8回に4点失うも、8勝目

■阪神 10-5 日本ハム(12日・札幌ドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 日本ハムが、先発した斎藤佑樹投手の7失点炎上で大敗した。12日、本拠地・札幌ドームで行われた阪神戦。今季2度目の先発マウンドに上がった右腕は四球でピンチを招く悪循環にハマり、4回8安打6四球7失点でノックアウト。序盤から劣勢に立たされたチームは逆境をはね返せずに4連敗となった。

 初回は無失点に封じた斎藤だったが、続く2回に先制点を奪われた。1死二、三塁から梅野の遊撃へのゴロが適時内野安打となり1点を失った。3回には先頭の糸原に四球、高山に右前安打を許し、糸井にはこの日3つ目の四球を与えて1死満塁。ここで中谷に左犠飛を浴びて2点目を献上した。

 4回には再び先頭の梅野に四球を与えると、植田の投前のバントが内野安打に。糸原の犠打で1死二、三塁とされると、高山に右中間への1号3ランを被弾。さらに糸井に右前安打を許し、中谷には左翼ポール際スタンドへの2ラン。一挙に5点を失い、この回限りでマウンドを降り、降板後は球団を通じて「調子どうこうではなく結果的に失点してしまい、試合を作れませんでした。中継ぎ陣にも迷惑を掛け、またカードの初戦を任されたにもかかわらず、申し訳なかったです」とコメントした。

 阪神は序盤に斎藤を攻略。四球で走者を出してチャンスを掴むと、着実に得点に繋げた。この日1軍昇格を果たした高山は即スタメン出場し、今季初本塁打を含む2安打3打点。中谷は3安打5打点の大暴れで大勝に貢献した。先発のメッセンジャーは8回に4点を失って5失点となったが、8勝目をマークした。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」