野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 平野佳寿
  • 平野佳寿、球団新人記録の20戦連続無失点で勝利に貢献 球団記録にも「4」

平野佳寿、球団新人記録の20戦連続無失点で勝利に貢献 球団記録にも「4」

ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手は18日(日本時間19日)、敵地エンゼルス戦で7回途中からマウンドに上がり、大ピンチを迎えながら2/3回を1安打1四球無失点に抑えた。20試合連続無失点として、球団新人記録を更新。チームは7-4で勝利した。右肘靭帯損傷で離脱している大谷翔平投手は、時折笑みを浮かべながら、ダグアウトで試合を見守った。

エンゼルス戦に2番手で登板したダイヤモンドバックス・平野佳寿【写真:Getty Images】
エンゼルス戦に2番手で登板したダイヤモンドバックス・平野佳寿【写真:Getty Images】

大ピンチも味方の超美技に救われる、防御率は1.42に

 ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手は18日(日本時間19日)、敵地エンゼルス戦で7回途中からマウンドに上がり、大ピンチを迎えながら2/3回を1安打1四球無失点に抑えた。20試合連続無失点として、球団新人記録を更新。チームは7-4で勝利した。右肘靭帯損傷で離脱している大谷翔平投手は、時折笑みを浮かべながら、ダグアウトで試合を見守った。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 4点リードの7回1死一塁の場面。平野が先発グリンキーに代わってマウンドに上がった。キンズラーは三塁内野安打で1死一、二塁となり、トラウトの打席でカウント1-3からボーク。結局、トラウトは四球で満塁と大ピンチを迎えた。

 アップトンにはフルカウントからセンターに痛烈な打球を飛ばされたが、中堅ダイソンがフェンスに足をかけながらジャンピングキャッチ。タッチアップは許したものの、スーパープレーに救われた。プホルスは右直で3アウト。グリンキーが出した走者の生還は許したものの、平野には失点はつかなかった。

 ダイヤモンドバックスはデラロサが1失点も、最後はブラッドリーが締めて7-4で勝利。平野はこの日も勝利に貢献した。

 20試合連続無失点として、2011年のジョー・ピーターソン、2015年のアンドリュー・チェイフィン(19試合)を抜いて、球団の新人記録を更新。球団記録の24試合連続無失点にも「4」に迫った。また、20試合連続無失点は現在のメジャーでトップの記録となっている。この日は19球を投げてストライクは9球。防御率は1.42となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」