野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

1軍での課題は「全部」も…今、ホークスの20歳内野手・川瀬晃がおもしろい

いま、ソフトバンクの高卒3年目の内野手・川瀬晃がおもしろい。まだ高校球児かと見紛うルックスとは裏腹に、着実にプロとして成長を続けている。

ソフトバンク・川瀬晃【写真:福谷祐介】
ソフトバンク・川瀬晃【写真:福谷祐介】

交流戦で見せたセーフティバントに抜群の野球センス

 いま、ソフトバンクの高卒3年目の内野手・川瀬晃がおもしろい。まだ高校球児かと見紛うルックスとは裏腹に、着実にプロとして成長を続けている。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 川瀬晃(かわせひかる)は、大分商業高校からドラフト6巡目で入団。今シーズンでプロ3年目を迎える内野手だ。親しみやすい童顔に加えて身体の線も細く、ユニフォームを脱げば高校生と思われても不思議はない。そんな川瀬が、いまホークスファンの間で熱い注目を集めている。

 川瀬は5月23日に1軍昇格を果たすと、今宮健太の右肘の不調もあって、いきなり9番・ショートでプロ初スタメンで初出場。その日は4打数ノーヒット2併殺打と1軍の高い壁を痛感する結果に終わった。それでも7回表にはセンターに抜けそうな打球を好捕するなど守備で貢献。翌24日もスタメンで出場し、2回裏に記念すべきプロ初安打を記録した。25日には登録抹消となりファームに戻ったが、貴重な1軍経験を経て「2軍戦でもチャンスで絶対に打ってやろうという気持ちが強くなった」という。

 交流戦終盤の6月13日、今宮が右肘の不調で登録を抹消されると同時に2度目の1軍昇格を果たした川瀬は、14日から連続でスタメン出場。14日の巨人戦では振り逃げで出塁してプロ初盗塁を記録した。15日の広島戦では初回に田中広輔の鋭い打球を鮮やかにさばいて千賀滉大の立ち上がりを救うと、4回にはプロ初長打となる二塁打を記録。さらに16日の広島戦の7回裏には逆転の足掛かりとなる見事なセーフティバントを決めてチームの勝利に大きく貢献した。

 その場面を川瀬は「(前の打者の)市川(友也)さんが塁に出たら絶対にやってやろうと決めていました。1打席目と2打席目で凡退していたので、1アウトではあったけど、あそこは自分がアウトになってでも何とか(一塁走者を)二塁に進めて上位に回すことが大事。うまく決まって良かったです」と振り返った。自分が犠牲になってでもチームのチャンスを広げるという9番打者としての役割を、川瀬はしっかりと理解し、実践して見せた。試合後、工藤公康監督も藤本博史打撃コーチも、このセーフティバントを高く評価したのはいうまでもない。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」