野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパン高校日本代表は大阪桐蔭が中心か? 最多の6選手が選出される

侍ジャパンU-18代表の第1次候補選手30名が20日、NPBエンタープライズから発表された。最終的には今夏の第100回全国高等学校野球選手権記念大会期間中に18名を決定し、9月3日から9日までの間、宮崎市で開催される「第12回 BFA U18アジア野球選手権大会」に挑むことになる。

昨年も侍U-18代表で活躍した藤原恭大(左)と小園海斗【写真:沢井史】
昨年も侍U-18代表で活躍した藤原恭大(左)と小園海斗【写真:沢井史】

「第12回 BFA U18アジア野球選手権大会」は9月3日から宮崎で開催

 侍ジャパンU-18代表の第1次候補選手30名が20日、NPBエンタープライズから発表された。最終的には今夏の第100回全国高等学校野球選手権記念大会期間中に18名を決定し、9月3日から9日までの間、宮崎市で開催される「第12回 BFA U18アジア野球選手権大会」に挑むことになる。

侍ジャパンU-18代表がアジア選手権3位入賞に込めた「次世代への思い」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 高校球界を代表する選手が名を連ねたが、史上3校目となる春の甲子園連覇を成し遂げた大阪桐蔭からは今秋のドラフト1位候補の根尾昴内野手、藤原恭大外野手にエース右腕・柿木蓮投手、小泉航平捕手、中川卓也内野手、山田健太内野手と最多の6選手が選出された。

 投打の中心となるのは根尾昴になるだろう。守備では投手、遊撃、外野と複数ポジションをこなし、打者としても上位、中軸、下位、どの打順でも適応する打撃センスは群を抜いている。藤原恭大は昨年の日本代表も経験し1番打者として結果を残している。その他にもエース柿木、捕手の小泉、主将を務める中川、1年から4番に座った経験もある山田と実力者ばかりだ。

 大阪桐蔭以外での注目選手は昨年、藤原と共に日本代表のレギュラーとして活躍した報徳学園・小園海斗内野手、昨夏の甲子園で2年生ながら2本塁打を放った花咲徳栄・野村佑希内野手、逆方向にも長打を放つ左の大砲、智弁和歌山・林晃汰内野手ら個性豊かなメンバーが名を連ねる。

 日本代表の監督を務める報徳学園前監督・永田裕治氏は「投打にバランスが取れ、将来性も加味した上で、現時点でベストな選考をしていただきました」とコメント。百戦錬磨の指揮官が9月のアジア野球選手権大会で一体、どの選手を起用するのか注目が集まる。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」