野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

2軍降格は“リフレッシュ休暇” ハム栗山監督流、酷使しないリリーフ運用術

日本ハムの栗山英樹監督が、リリーフ陣の“リフレシュ休暇”を導入して、勝負の時に備えている。今月中旬、緊急登板やイニングまたぎなどチームを支えてきた2人のリリーバーの出場選手登録を相次いで抹消した。

“リフレッシュ休暇”の投手には課題も与える

 玉井に対してはボールのキレを取り戻すこと。「ボールが落ちてきたので、一度さらな状態に戻して、ボールのキレを取り戻してほしい。試合に追われると、チェックポイントもできないということもあるしね。体力強化もしてほしい」と話す。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 西村に対しては「力任せでなくても投げられる動作を身につけてほしい。いい真っすぐを持っているが、アバウトなところもあるので、ポイントでは低めに投げられるように。最近はシュート回転していたので」と注文を付ける。

 ファームでリフレッシュした2人が同時に課題もクリアして戻ってくれば、夏場以降さらに大きな力になることは間違いない。

 “リフレッシュ休暇”には、2人のように一度抹消するケースもあれば、抹消せずにやりくりするケースもある。17日ヤクルト戦では宮西尚生投手をベンチ入メンバーから外した。試合後に栗山監督は「みんな連投が続いているので、順番に(休ませる)。いれば使ってしまうので、今日は休ませると昨日から決めていた」と説明した。

 リリーフ陣のことを「生命線」とか「宝物」と語ることもある栗山監督。それぞれの調子を見極め、大事に使いながら、勝負の時を待つ。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」