野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

審判団が誤審認める オリ福良監督激怒の中村晃2ランは「ファウルでした」

22日に行われたオリックス対ソフトバンク戦で、延長10回に中村晃の放った勝ち越し2ランを試合後に審判団が誤審だったことを認め、球団に謝罪した。

オリックス・福良監督【画像:(C)PLM】
オリックス・福良監督【画像:(C)PLM】

責任審判の佐々木二塁塁審「もう一度、見直した結果ファウルでした」

■ソフトバンク 5-3 オリックス(22日・ほっと神戸)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 22日にほっともっとフィールド神戸で行われたオリックス対ソフトバンク戦。延長10回にソフトバンクの中村晃外野手が放った勝ち越し2ランはファウルだったと、試合後に審判団が誤審だったことを認め、球団に謝罪した。

 ことの発端は10回に中村晃の放った勝ち越し2ラン。右翼ポール際に飛び込んだ打球は一度はファウル判定が下されたが、少しの間を置いて審判団が集まり、工藤公康監督がリクエストを要求。リプレー検証の末に、判定が覆ってホームランとなった。

 試合後、オリックスの福良淳一監督は怒り心頭の様子で「誰が見てもファウル、打った本人もファウル、一塁(小谷野)、ショート(安達)もファウル。もう一度、ビデオ見てくれよ」と約20分間、審判団に抗議を行った。

 一度はロッカールームに戻ったものの、福良監督、西村ヘッドコーチ、湊球団社長、長村球団本部長らが再び球団室に集まり、異例の“ビデオ検証”を行うと、この試合の責任審判だった二塁塁審の佐々木昌信審判員は「もう一度、見直して確認した結果『ファウル』でしたと球団方に伝えました」と誤審だったことを認めた。

 リクエスト要求によって判定が覆り、試合後に再度確認し再び判定が覆ることは異例中の異例。審判団はこの誤審をすでにNPBに報告したという。ただ、試合結果、中村晃の7号2ランは記録上そのまま。オリックスにとっては何とも後味の悪い試合となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」