野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人山口俊、1失点完投で東京D今季初勝利 マギーは2安打4打点で2連勝

巨人は23日、本拠地ヤクルト戦に7-1で快勝。先発の山口俊が9回6安打1失点と快投し、完投で東京ドーム今季初勝利を挙げた。打線もマギーの2安打4打点などで効果的に得点を挙げて援護。山口俊は自らスクイズも決めるなど、投打で躍動した。

巨人vsヤクルトの試合結果
巨人vsヤクルトの試合結果

山口俊は9回6安打1失点と快投、自らスクイズも決める活躍

■巨人 7-1 ヤクルト(23日・東京ドーム)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 巨人は23日、本拠地ヤクルト戦に7-1で快勝。先発の山口俊が9回6安打1失点と快投し、完投で東京ドーム今季初勝利を挙げた。打線もマギーの2安打4打点などで効果的に得点を挙げて援護。山口俊は自らスクイズも決めるなど、投打で躍動した。

 巨人は初回、1死三塁でマギーが相手先発ハフからタイムリー。幸先よく1点を先制した。その後は両投手が好投するも、4回には岡本がソロ本塁打。貴重な追加点を加えた。

 山口俊は初回は3者凡退。2回は1死一、二塁のピンチを背負うも、西浦を併殺に仕留めた。4回も2死三塁とされながら、雄平をフォークで空振り三振。5回も1死から西浦に二塁打を許したが、後続を断った。

 打線も5回にマギーのソロで追加点。山口俊は6回を3者凡退に抑えると、その裏には小林のタイムリー、そして自らのスクイズで7-0とリードを広げた。7回に先頭バレンティンにソロ本塁打を浴びたが、その後の2死二、三塁のピンチでは荒木のライナーを三塁マギーが好捕。最少失点で切り抜けた。

 山口俊は8回も無失点に抑えると、112球で9回も続投。無失点に抑え、1失点で完投した。山口俊は今季本拠地初勝利。5月22日の広島戦以来の完投勝利で、6勝目(5敗)を挙げた。巨人は交流戦明け連勝スタートとなった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」