野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

“誤審”払拭へオリックス序盤で4点リード 小島が先制打「とにかく結果が…」

オリックスの小島脩平外野手が24日、京セラドームで行われたソフトバンク戦で今季初安打となる先制の2点タイムリーを放った。

タイムリー二塁打を放ったオリックス・小島脩平【画像:(C)PLM】
タイムリー二塁打を放ったオリックス・小島脩平【画像:(C)PLM】

バンデンハークから左翼線へ2点適時打

■オリックス – ソフトバンク(24日・京セラD大阪)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 オリックスの小島脩平外野手が24日、京セラドームで行われたソフトバンク戦で今季初安打となる先制の2点タイムリーを放った。

 「8番・左翼」で今季2度目のスタメン出場を果たした小島。2回一、二塁で迎えた第1打席でソフトバンク先発のバンデンハークから左翼線へ2点タイムリー二塁打。今季初安打が貴重な先制適時打となり「何とかバットに当てようと思っていました。久しぶりのスタメンで、とにかく結果が欲しかったので、タイムリーが出てくれてよかったです」とコメント。

 さらに続く若月も「いい流れだったので積極的にいきました」と中前適時打を放ちこの回3点を加えた。4回には先頭のロメロがバックスクリーンへ11号ソロを放ちリードを広げた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」