野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • 米で2651試合出場のイチロー、隠れた勲章 “マイナー出場ゼロ”は至難の業

米で2651試合出場のイチロー、隠れた勲章 “マイナー出場ゼロ”は至難の業

故障者リスト(DL)入りしているシカゴ・カブスのダルビッシュ有は、6月25日(日本時間26日)、カブス傘下の1Aサウスベンドで調整登板をした。NPBからメジャー契約でMLBに移籍したダルビッシュは、キャリアのほとんどをMLBで投げているが、それでもマイナーでの登板はこれが8試合目。メジャー契約で移籍した日本人選手でも、ほとんどがマイナーの試合に出場している。

マリナーズ・イチロー【写真:Getty Images】
マリナーズ・イチロー【写真:Getty Images】

マイナー309試合出場の田口が最多、中島は一度もメジャー昇格せず

 故障者リスト(DL)入りしているシカゴ・カブスのダルビッシュ有は、6月25日(日本時間26日)、カブス傘下の1Aサウスベンドで調整登板をした。NPBからメジャー契約でMLBに移籍したダルビッシュは、キャリアのほとんどをMLBで投げているが、それでもマイナーでの登板はこれが8試合目。メジャー契約で移籍した日本人選手でも、ほとんどがマイナーの試合に出場している。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 NPBから移籍した日本人MLB選手のMLBとマイナーの出場試合数。MLB出場試合数順 ※はMLBでの現役選手。

野手

イチロー 2651試合/マイナー0試合
松井秀喜 1236試合/マイナー18試合
青木宣親 759試合/マイナー31試合
田口壮 672試合/マイナー309試合
松井稼頭央 630試合/マイナー137試合
福留孝介 596試合/マイナー43試合
井口資仁 493試合/マイナー3試合
城島健司 462試合/マイナー4試合
岩村明憲 408試合/マイナー61試合
新庄剛志 303試合/マイナー40試合
川崎宗則 276試合/マイナー233試合
西岡剛 71試合/マイナー108試合
中村紀洋 17試合/マイナー101試合
田中賢介 15試合/マイナー169試合

 野手は最多出場のイチローだけが一度もマイナーの試合に出場していない。どんな選手でも不振に陥ったり、故障してマイナーで調整をするものだが、イチローはMLBに移籍して18シーズン、一度もマイナーでプレーしなかった。これは驚異的なことだ。大きなスランプがない上に、けがや病気もほとんどなかったのだ。抜群の体力に加えて、コンディション維持に細心の注意を払っていたことがわかる。

 他の選手は多かれ少なかれマイナーリーグで野球をしている。最多は田口壮の309試合。田口はマイナー契約からMLB昇格をした年もあり、著書でMLBとマイナーの待遇の違いについて紹介している。川崎宗則もキャンプの招待選手からMLB昇格を経験している。

 この顔ぶれに加え、中島裕之(現宏之)はメジャー契約でアスレチックスと契約したが。DL入りして開幕を迎え、ついにMLBに昇格することなくNPBに復帰している。マイナーでの出場試合数は175試合だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」